ふじっこブログ

ふじっこブログ

日本一周・世界一周経験有の旅行会社社員のブログ

SEO対策に必須のSEOツールおすすめ13選【2018年最新版|用途別】

Webサイトへの主要集客チャネルの1つとなっているSEO(検索エンジン最適化)。中長期的に安定して期待度の高いユーザーを集客し続けらる可能性の高いSEOに注力しているサイトは多いでしょう。

今回はSEO対策で絶対に欠かせないWebツールを用途別に紹介します。各用途1つずつはツールを用いて、しっかり戦略立てたSEO対策を進めていけば低予算で多くの集客が可能となります。

SEOの概念やSEO対策に関しての詳細はこちらの記事で解説しています。

SEO対策ツール:キーワード検索数調査ツール

SEOで上位表示させるためにどうするか?と考え始める前に、まずどのキーワードに対して上位表示させたいのか目標設定をすることが重要です。キーワード目標設定の際に必須となるのがキーワードの検索ボリュームを知ること。キーワード検索数調査ツールは無料で優秀なものが多いので、おすすめ4つとも無料のみに厳選して紹介します。

GoogleAdoworsキーワードプランナー(無料)

f:id:fuuujikko:20180623130958p:plain

もっとも有名なSEOツールではないでしょうか?入力したキーワードの検索回数を一覧でデータ取得することができます。さすがのGoogleで、データ取得時間も非常に早くストレスが少ないです。またキーワードプランナーの魅力は、競合度合いの強さや関連ワードも表示してくれることです。検索地域別などでの数値取得も可能です。

Googleの収益源であるリスティング広告のキャンペーン設定さえしていれば、無料で全キーワードの検索回数を正確に取得できます。各キーワードのデータを一覧でエクスポートすることも可能で、機能としても申し分ないです。

個人的にはキーワードプランナーがなければブログが書けなくなると心配になるほど重宝しているSEOツールです。

ツールURL:GoogleAdoworsキーワードプランナー

Yahoo!キーワードアドバイスツール(無料)

f:id:fuuujikko:20180623131723p:plain

Yahoo!キーワードアドバイスツールも、キーワードプランナーと機能は類似しており、キーワードの競合性や検索ボリュームの調査ができます。正直基本的にキーワードプランナーメイン利用で良いと思いますが、キーワードプランナーはGoogleのみのデータとなるので、より正確に知りたいキーワードの場合はYahoo!キーワードアドバイスツールも併用して使ってみましょう!戦略決めは十分に時間をかけるべきです。

キーワードアドバイスツールの有難い特徴は、各キーワードを調べている人の属性(性別や年代、地域など)が分かることです。こちらもYahoo!のスポンサードサーチと連携しており、無料で使うことができます。

ツールURL:Yahoo!キーワードアドバイスツール

Googleトレンド(無料)

f:id:fuuujikko:20180623131736p:plain
こちらもGoogleが提供する便利なツールです。キーワードの検索回数の推移に特化したツールです。キーワード別の検索回数の推移をグラフで視覚的に分かりやすく表現してくれることがメイン利用方法です。同時に最大で5つのキーワードのデータを閲覧できます。

また検索回数が急上昇した検索キーワードの確認をすることができます。アラート機能もあるので、新たにSEO対策すべきキーワードのピックアップも一早くできることでしょう。

ツールURL:Googleトレンド

SEO対策ツール:サジェスト取得ツール

ターゲットとするキーワードはまず自分が提供したいサービスや顧客のことを考えて洗い出していくことになりますが、発想ベースでは限界があります。そこでサジェスト(主軸キーワードとともに検索される複合ワード)を知ることは必須です。

goodkeyword(無料)

f:id:fuuujikko:20180623132429p:plain

Google(グーグル)、Yahoo(ヤフー)、Bing(ビング)それぞれの関連キーワードをサジェストしてくれる便利ツールです。3つの媒体のサジェストを取得できるのはありがたく、1つだけの媒体で見るよりも掘り出し物が見つかるかもしれないです。

さらに右下にはGoogleトレンドの表が表示されており、検索ボリュームの推移も確認できます。トレンド表の上にはGoogle、Yahoo、Bingそれぞれのサジェストワードが一覧でコピーできる枠があり、一括で検索回数取得ツールにコピペできるので便利です。

ツールURL:goodkeyword 

KOUHO.jp(無料)

f:id:fuuujikko:20180623132352p:plain

サジェストツールの中でももっともシンプルで使いやすく、僕は愛用しています。主軸キーワードを入力すると、検索回数上位10個のサジェストワードが最上部に表示され、他のサジェストワードは五十音順に表示されます。

唯一の欠点がたまにデータが取得できなくなります。5分間くらい時間をおくと使えるようになりますが、タイミングによっては大きなストレスですね。

ツールURL:KOUHO.jp

グーグルサジェスト キーワード一括DLツール(無料)

f:id:fuuujikko:20180623132338p:plain
グーグルに特化したサジェストツールになりますが、Googleだけで十分です。検索回数が上位のサジェストキーワードを表示してくれ、さらに各ワードの[+]ボタンをクリックすると、そのワードのサジェストが表示されます。2段階でサジェストが存在するものは、最初の起点ワードは相当に検索数が多いワードの場合のみでしょう。

上位表示以外は五十音順でサジェストワードを表示してくれ、一括でダウンロードもでき、機能面はKOUHO.jpに劣りません。個人的には広告が多くやや使いにくいです。KOUHO.jpがたまに落ちるので、その時はキーワード一括DLツールを用いています。

ツールURL:グーグルサジェスト キーワード一括DLツール

SEO対策ツール:順位計測ツール

ターゲットキーワードで上位表示させたいコンテンツをリリースした後は随時順位計測していき、常に改善していく必要があります。どんなコンテンツがどのような順位変動をするかを掴むことで、Googleが好むコンテンツというものが分かってきます。

最低でも週に1回は順位計測ツールは使用することを推奨しましょう。

GRC(無料版有・有料:9720円/年)

これまで紹介したのはブラウザ型ですが、GRCはインストール型で最初にインストールする必要があります。GRCはインストールして使う価値のある超有用な順位計測ツールです。

自社サイトが各キーワードで何位にいるのか順位を見れるのはもちろんのこと、最上位表示されているものがどのURLかも判別でき、目標LPが表示されているかも確認できます。複数ドメインを登録できるので競合サイトの各順位も同時に見られますよ。

測定したいURL数と登録検索語数によって料金は変わります。僕は9,720円/年のスタンダードプランを利用しており、登録検索語数の上限は5000個です。

ツールURL:GRC

SEOチェキ!(無料)

f:id:fuuujikko:20180623133255p:plain

かなり知名度が高いSEOツールですね。まずはTOP画面にサイトのURLを入力すると、そのサイトのあらゆるSEO情報を調べられます。僕は「検索順位チェック」をメインに利用していますが、SEO全般ツールであり以下のような機能があります。SEO基礎チェック・検索順位チェック・キーワード出現頻度・発リンク・ドメイン情報の5つ。

検索順位チェックは特にUIが非常にシンプルで、入力したキーワードでの表示順位を教えてくれます。同時に3つのキーワードまでの順位を確認できます。

ツールURL:SEOチェキ!

検索順位チェッカー

f:id:fuuujikko:20180623133949p:plain

SEOチェキ!が同時に最大3つまでのキーワード対応なことに対して、検索順位チェッカーは5つのキーワードの検索数を同時に調べられます。Googleだけでなく、YahooやBingでの順位も同時に表示されます。(※ほぼ順位が変わることはないです)

無料でかなり使いやすいお手頃ツールなのですが、若干エラーになる可能性高いです。

ツールURL:検索順位チェッカー

SEO対策ツール:競合調査ツール

SEOは他サイトありきのことなので、競合サイトの状態を把握することは非常に重要です。MIERUCAはWebマーケ全般に使えるツールですが、競合調査部分も優れており非常に使えるので、競合調査ツールとして紹介いたします。

SimilarWeb(無料版有)

f:id:fuuujikko:20180623133939p:plain


インストールなしでブラウザ版で気軽にこの高機能を利用できるのは嬉しいです。無料
版でも十分な競合サイト情報を見ることができます。サイト訪問者数などの数値概要・流入経路の比率・また流入数が多い上位5つのサイト名も確認できます。

他にもどういった属性のユーザーが多いのかなどGAで見られる一般的な情報を確認できます。

ツールURL:SimilarWeb

MIERUCA(無料版有・有料:9800円/月)

f:id:fuuujikko:20180623133927p:plain

SEOツールというよりはWebマーケ全般ツールでとなります。ページ内でのユーザー行動を可視化する、高性能な「ヒートマップ機能」が提供されております。

SEO領域では、新たなSEO対策キーワードを見出すのに有効です。競合サイトの流入数調査などもできるので、そこからヒントを得ることもあるでしょう。またページ別に対策が弱いキーワードも確認できるので、ページ修正の際も参考にできます。

無料版もありますが、5万PVを越えれば9,800円/月~となります。結構良い価格はします。

ツールURL:MIERUCA

SEO対策ツール:内部診断ツール

Webマーケターで使わない人はいないであろうくらい定番な2つのサービスです。Googleが無料で提供するサービスで、SEOという枠組みを超えて、自社のサイトのことを知るために必須なツールです。

Google Search Console

f:id:fuuujikko:20180623133914p:plain

サイトがしっかりIndexされているか、html構造がしっかりしているかなど基礎的な内部情報を確認できます。

また流入クエリ別のクリック数・掲載順位・表示回数・クリック率が分かるアナリティクス機能は頻繁に使います。どのようなクエリから現状クリックされているのか判断でき戦略立てに大いに役立つでしょう。今ではGAでは正確に見られないデータなので非常に重宝できます。

ツールURL:Google Search Console

Googleアナリティクス

f:id:fuuujikko:20180623133858p:plain
もっとも使われている無料ツールでしょう。できることは書き出したらキリがないですが、自社サイトに関するあらゆる情報を見れます。

またチームで運用していけるように工夫された設計になっているのでしっかり使いこなしていきましょう。

ツールURL:Google アナリティクス

SEO対策ツール:その他ツール

使い用途はそれぞれとなりますが、他のおすすめなSEO対策ツールをまとめます。

キーワード出現頻度解析ツール(無料)

f:id:fuuujikko:20180623134554p:plain

ツール名の通り、特定ページ内に出現するキーワード回数や頻度を確認できるツールです。コンテンツ製作の際に活用しましょう。

コンテンツ製作の際に、キーワードを多く含ませようと意識する必要はほぼありません。同一のキーワードの出現頻度が高くて、乱用ととらえられないように気をつけましょう。キーワードの異常な繰り返しはSEO的にマイナス評価となります。

ツールURL:キーワード出現頻度解析ツール

影武者(有料版:4320円/年)

f:id:fuuujikko:20180623134506p:plain

影武者はコピペ/重複チェックツールです。多くあるコピペチェックツールの中でも性能はかなり高いです。「テキストを直接入力」・「指定したURLの文章チェック」の2通りの方法から選べるのも有難いです。完成後の記事でも、原稿段階でも使用可能です。

重複率が表示され、それが50~70%を超えるようでは危険です。10回までのコピーチェックであれば無料です。月額4320円の「プラン100」で、月に100回まで可能になります。

ちなみに、コピペ/重複チェックの無料ツールでは、どれも大差ないですが「CopyContentDetector」がおすすめです。

ツールURL:影武者

hanasakigani(無料)

f:id:fuuujikko:20180623134452p:plain

被リンク情報を調べられるツールです。多くある被リンクチェックツールの中でも、hanasakiganiがおすすな理由は競合サイトとも比較しやすい点にあります。

自社サイトの被リンクと同時に競合の被リンク属性も確認できるので、比較して改善点の分析ができます。被リンク情報も、被リンク元のドメイン数だけでなく、被リンクページ集中度なども見られるので、被リンクの質も確認できます。

ツールURL:hanasakigani

namaz.jp(無料)

f:id:fuuujikko:20180623134434p:plain
namaz.jpはなかなか珍しい機能を持っており、検索アルゴリズム変動チェックツールです。Googleは常時クローリングをしており、アルゴリズムの精度も増していっており、検索順位は変動するものです。

namazは検索エンジン上でおきている順位の変動を常時教えてくれるもので、順位変動が自社だけなのか全体的に変動があったのか判断することができます。また大きな順位変動=アルゴリズムの変化に気づくことで、いち早くGoogleの意向に沿う対策をすることができるでしょう。

ツールURL:namaz

SEO対策ツールまとめ

Webマーケのチャネルの1つである「SEO」対策はGoogleの意向である「ユーザーが求める情報を提供すること」が全てです。無限大にある検索クエリの中から戦略を発想ベースだけで考えるのは限界があるので、SEO対策ツールを有効に活用しましょう!有難いことに、有能なSEO対策ツールは無料なものが多いです。