ふじっこブログ

ふじっこブログ

日本一周・世界一周経験有の旅行会社社員のブログ

【絶対喜ばれる】福岡(博多)のおすすめお土産15選!レベル高すぎな博多名物!

福岡(博多)といえ居住地としても観光地としても日本屈指の人気都市で、福岡お土産で連想されるものも他都市より多いと思います。コンテンツが多いからこそ悩んじゃう!福岡のお土産を種類/用途別に分けて、本当におすすめのお土産のみ厳選して紹介していきます。

自分が良く購入して喜ばれるものがベースではありますが、僕自身好物のものが多すぎていつも誰かが福岡行くとなるとお土産が楽しみです。笑

福岡(博多)のお土産:お菓子・スイーツ編

まずはやはりお土産でもっとも種類が多い、お菓子やスイーツ系のおすすめ福岡土産を紹介していきます。福岡は明太子などお菓子以外の食べ物の種類が特別に多い分、お菓子系人気土産は基本的にせんべい・饅頭の2本柱になります。

福岡土産定番「博多通りもん」

f:id:fuuujikko:20180218213324j:plainbywalkerplus

モンドセレクション17年連続受賞の称号はダテではありません。しっとりした分厚い皮に包まれた、白あんの甘みは他では表現できない旨味が詰まっています。しっかりとした食感があるのに口の中に入るとすぐにほろほろと溶けてしまう繊細さ。

博多は饅頭の発祥地であり、和菓子の伝統技術に富んでいます。その和菓子技術に西洋のバターを一早く織り交ぜて商品化されたものが博多通りもんです。

この旨味で5個税込560円はコスパ抜群!目新しさはないですが絶対に喜ばれること間違いなしの福岡土産です。ツルッとした丸みが愛らしく、見た目のかわいらしさもお土産として愛され続ける理由です。

あまおう×わらび餅「博多あまび」

f:id:fuuujikko:20180218214626j:plain
byaltrabitt

「博多あまび」は5月末~11月下旬までの期間限定商品となりますが、伊都きんぐが提供する絶品スイーツです。博多名物いちご「あまおう」を贅沢に使用した新感覚スイーツです。「博多あまび」は、あまおう入りのわらび餅で、あまおうの濃厚さとわらび餅の食感の相性が最高です!

食べ方にも工夫がされており、最初は練乳をかけて楽しみ、後半はきな粉をかけて、というように異なるアクセントを楽しむことができ幸せ2倍です。

250g税込1620円と値段は少々高く、個別に分けることは難しいので使い勝手は良くないですが、そのクオリティの高さに重要な人へのお土産や自分用土産として購入する方が多いです。 

ピリッとした辛味が癖になる「めんべい」

f:id:fuuujikko:20180218215442j:plainbyfukutaro-shop

明治42年創業の山口油屋福太郎が製造している、歴史の長い人気土産「めんべい」。「博多通りもん」と並ぶ福岡土産2大名物である「めんべい」は1度は食べたことある方が多いのではないでしょうか?

一見地味なせんべいですが、癖になってしまい一度食べだしたら止められませんね。明太子だけでなく醤油とみりんの香りもほどよく加わったマイルドな辛味に、ぎゅっと凝縮されたイカとタコの旨味が絶妙にマッチしています。加えてバリッとあげられた噛み応えのあるせんべいの食感がくせになっちゃう秘訣です。

2枚×16袋で税込1080円と大人数職場などのばらまき土産にも打ってつけです。明太子の風味をより濃厚に感じられるプレーン味のほかにも実はマヨネーズ味、玉ねぎ入、ねぎ味が存在します。

太宰府名物「 梅ケ枝餅」

f:id:fuuujikko:20180218220609j:plainbygoogooyt.com/

学問の神様「菅原道真」の逸話で有名な太宰府名物「梅ケ枝餅」。今や歴史とか関係なく、シンプルに美味しくて人気です。実際に目の前で焼き上げてくれるお店がほとんどで食欲をより駆り立てます。外はパリッとするまで焼き上げられたお餅で、中のあんこは驚くほどしつこさがありません。あんこがびっしり詰まっている充足感も魅力です。

太宰府天満宮に行くまでの参道には梅ケ枝餅屋さんが点在していますので、せっかくなら本場で食べてみましょう。お土産としてなら今では博多駅でも購入できるようになっています。

だいたいどの店も1個120円の個別売りもしており、お土産用の箱売りも5個からとサイズを合わせやすいです。ほっこりした気持ちになる安心感抜群のお土産です。

上品さが溢れ出る「如水庵 筑紫もち」

f:id:fuuujikko:20180218221823j:plainbypinterest.jp

モンドセレクション最高金賞を7年連続受賞した「如水庵 筑紫もち」は高級感溢れる和菓子スイーツで、お土産としての上品感抜群です。1個120円とは思えないほどの満足感です。

ひと口サイズのお餅に、きな粉がまぶされた筑紫もち。きな粉の香りが餅を包み込み最大限の旨味を引き出しています。黒蜜をかける食べ方が人気です。良質な皮むきの大豆を使ったきなこと黒蜜の相性は抜群。口の中で広がる幸福感がたまりません。

タレ目が可愛い!話題性抜群「二◯加煎餅」

f:id:fuuujikko:20180218222325j:plainbytop.tsite.jp

にわかせんぺい本舗東雲堂が提供する「二◯加煎餅(にわかせんぺい)」は福岡土産としての存在感をじわじわと上げてきています。愛嬌たっぷりのタレ目がトレードマークのせんべいです。顔の幅サイズなので、実際に仮面のようにつけて皆でキャッキャッするのは王道の使い方?笑 このタレ目デザインは福岡の伝統芸能・博多仁和加をモチーフに作られています。

二◯加煎餅が人気上昇中の理由はデザインだけではありません。上質の小麦粉と卵が使われておりサクッとした食感が魅力の焼き菓子です。

福岡(博多)のお土産:ラーメン・明太子・おつまみ編

特産物の多さも相まって、福岡土産の特徴はスイーツ以外の食べ物土産の魅力も非常に高いところ。多くの都市は洋菓子・和菓子などのスイーツ系やお菓子が土産のメインとなります。ラーメン・明太子・おつまみに特化したおすすめの博多土産をピックアップしました。

名物!やまやの辛子明太子

f:id:fuuujikko:20180218224500j:plain
byshokutu

福岡の代名詞級の食べ物「明太子」はどこでも購入可能ですが、より旨味を目指すならやはりやまやの明太子がおすすめです。ふっくらと大粒の明太子は見た目から溢れんばかりの贅沢感も醸し出しお土産として人気が高いです。

『やまや』の明太子はタレと製作過程のこだわりがすごいです。福岡名蔵のお酒をベースにした「匠のタレ」で168時間もかけてじっくり熟成しており、さらに九州産柚子を使った柚子胡椒のアクセントが抜群の風味を放っています。

明太子の利便性を極めた!チューブ明太子

f:id:fuuujikko:20180218224541p:plainbytkgrnavi

明太子の使い勝手を最大限にまで引き上げた商品がやまやの「チューブ明太子」です。名前の通りチューブ状になっており、必要な分だけ明太子を出せます。

便利なだけでなく、明太子の粒立ちがよく、普通の明太子よりなめらかになっているので食べやすいです。パッケージデザインも可愛く女子にも人気。また明太子は持ち運びが嫌だという方も多いと思います、持ち運びの面でも完璧な博多土産です。受け取る側も困らないので良いですね。100gで税込648円。

博多の味を再現!「うまかっちゃん」袋ラーメン

f:id:fuuujikko:20180219003736j:plain

byhousefoods.jp

博多ならではのとんこつ味の袋ラーメンはいくつかありますが、中でも不動な人気商品が「うまかっちゃん」です。うまかっちゃんの袋ラーメンは福岡県民にも人気で、自宅に常に置いている人もいるほど。独特な白濁なスープにちぢれ麺がクセになります。

1個108円で福岡感満載でお土産にも抜群です。味の種類も豊富で、博多高菜からし風味、久留米風とんこつ、熊本火の国とんこつ、鹿児島黒豚とんこつ、坦坦とんこつなどがあります。ちなみに久留米の「軽食喫茶きらく」ではうまかっちゃんラーメンががお店で食べられます。

博多豚骨ラーメン名島亭を再現!

f:id:fuuujikko:20180218230615j:plain
byamazon

いつも行列が絶えない博多豚骨ラーメンの名店「名島亭」のラーメンの味を再現できるラーメンの素も福岡のお土産として人気です。自宅で本格的な博多とんこつラーメンが食べられるので、料理をする人には非常に喜ばれる一品です。

料金は4食入りで税込1620円。入っているものは生めん・液体スープの素・ネギで簡単に調理できます。素朴で昔ながらの博多ラーメンです。 

至極のおつまみ「博多なかなか皮ドライ 」

f:id:fuuujikko:20180218232438j:plain

byamazon

博多には酒好きが多いイメージを持つ人もいると思いますが、実際に酒のおつまみとなる名物は多いです。テレビで紹介されてから人気急上昇中の博多なかなか皮ドライ 。明太子をもっともおつまみとして最適化させた商品です。

明太子の中でも一番おいしい部分と好む人も多い皮の部分を乾燥させたスルメのようなもので、噛めば噛むほどうまみが増します。干すことにより明太子の味がまさに一点に凝縮されています。

30gで税込1080円で、スルメと考えると高いですが、満足度は大です。ピリッとくる感じとこの歯ごたえがたまらない..お茶漬けなど料理へのトッピングとしても使えますよ。

明太かまぼこ「おりょりょ」

f:id:fuuujikko:20180218232327j:plain

byfukuoka.apshop

酒のおつまみとして人気な変わり種土産が明太子をかまぼこに包んだ「おりょりょ」です。かまぼこでマイルドに明太子を包み込むことで、明太子の旨味を消すことなくプチプチとした食感が加わりました。

ひと口サイズで食べやすく、お土産としても愛されています。さらに1つ1つ袋に入っているのでばらまき土産としても活用できます。明太マヨ味とチーズ味の2種類があります。2種類24個入りで税込1620円。

男性にも女性にも好まれるお土産です。福岡では酒のおつまみとして食べる人が多いです。可愛らしいネーミングも特徴的。 

福岡(博多)のお土産:雑貨編

博多は特産物が多くて、食べ物系のお土産がメインとなりますが、雑貨系の土産ももちろん可愛いのがありますので紹介します。

明太子は食べるだけでなく、福岡ではもはや明太子モチーフの雑貨やグッズもあります。明太小紋グッズ(540円~)は明太子柄が描かれたカバンや手ぬぐいなど。

局所的なお土産にはなりますが、太宰府天満宮の合格祈願のお守りはもらった側はこころ強いですね。

伝統絹織物・博多織(はかたおり)で作られたがま口や小物入れも人気です。生地の厚みや張りの強さが特徴です。昔は刀を腰に差す武士の帯として使用されたほど丈夫です。 

雑貨系の福岡土産で欠かせないのが「博多曲物(はかたまげもの)」です。金属を使用せずに、ヒノキなどの木の板を桜の皮で綴って作る伝統工芸品です。自然と知恵の融合により生まれた工芸品で、軽くて殺菌効果が強いことから全国的に弁当箱としての使用が人気です。

福岡は芸能も盛んなので、至るところで切り絵も多く販売されていますよ。

福岡お土産の購入場所

福岡でお土産を購入するおすすめの場所は、やはり福岡空港と博多駅です。ここで紹介したお土産もほぼ何でも買えちゃいます。

・福岡空港:国内線ターミナル ANA FESTA/BLUE SKYなどがバラエティ豊かです。
・博多駅:博多ステーションビル名店街マイング1階 やまやマイング店など

博多駅は非常に大きくお土産購入場所もいくつかあります。
・マイング博多名店街
  ー博多駅構内中央の西側にあるショッピングモール。お菓子系の品揃えは1番でしょう。

・博多デイトス
  ーJR筑紫口側。マイングからも繋がっています。スイーツ系に加えて明太子系のお店も集まっています。

・アミュプラザ
  ーJR博多口側に隣接している大型商業施設。

福岡(博多)のおすすめお土産まとめ

特産物がめちゃめちゃ多い福岡なので、お土産の種類もバラエティ豊かです。実は饅頭発祥の地でもある福岡なので、スイーツ系では本当に美味しい饅頭系が多く、ばらまき土産にもおすすめです。

明太子関連の商品は用途の幅が広く、明太子をお土産用として手に取りやすくした明太子チューブなどは女子のなかで近年より人気上昇中です。明太子を活用したお酒のおつまみも多く、酒好きにはたまらないお土産も揃っています。

用途に分けて、福岡ならではのお土産をチョイスしましょう。