ふじっこブログ

ふじっこブログ

日本一周・世界一周経験有の旅行会社社員のブログ

セブ島のnightクラブ徹底網羅!セブの夜遊びと言えばコレ!

f:id:fuuujikko:20170703201248j:plain

セブ島の夜遊びとはたくさんありますが、中でもクラブは大にぎわいです✴︎
陽気な性格で、ダンスが大好きすぎる国民性のフィリピン人が作り出す活気、また世界中から人が集まる地であるため多国籍の方が雑多に集まるカオス感もまた盛り上がりの秘訣です♪
お酒の安さ故のコスパの良さも魅力的♪

せっかく行くならハズレのクラブは引いて欲しくないです。絶対に外さないおすすめクラブを各特徴と共に説明していきますね

ちなみに夜のアッチ系に興味がある男性諸君にはこちらの記事を捧げます。
キャバクラ、ゴーゴーバーや、スペシャルマッサージなど女性方と直に遊びたい人用。とはいえ観光の一環として女性で行く人もいますが✨

セブ島のクラブでのルールや習慣

まずはセブ島クラブ全部に共通する基本的な概要を説明します。

・基本的に入場料は100~200ペソ(約250~450円)ほどで安い。
 故に気に入らなかったらすぐ出て連続クラブハシゴもあり。ちなみにタクシーも初乗り約80円と移動も安い。

・入場料の中に基本的にワンドリンクは付いている。

・ビールはスーパーで買うよりももちろん高いが、350ml瓶ビール一本150円ほど。テキーラとかはワンショット300円ほどする。


・がっつり飲みたかったらVIP席取るのが断然お得♪クラブによるが5000ペソ(12000円)ほどでテーブルVIP取れて、基本的にテキーラなどお酒付きになります。入場の地点で言えば入場料不要になるクラブは多いです。5人くらいいれば絶対VIP取るべき。

 VIP取っても適当なフィリピン人たちとか領域守らずに入ってきたりするんじゃないん??  ってことは皆無。基本的にはどこのクラブもスタッフ・ガードマン超多いので変な粗相する人はいない。

・ドレスコードは基本なしだが、男性はサンダルで入ることは不可。短パンはok!女性はなんでもok!

・手にスタンプを押されるので、再入場は何回でも可。

・早朝5~6時までやっています。多くの人が5時くらいまでは残っています。皆元気。

・20時くらいからopenはしてるいるが23時くらいにならないと人は埋まらないです。22時とかにいってもしらけています。

f:id:fuuujikko:20170706233301j:plain

・クラブ前にはタクシーたくさんいるので、いつでも気軽に帰れる。

・治安についてはそんなに心配ないです。危ない雰囲気ゼロです。かれこれ何十回もあらゆるところ行っていますが、実際に危ないめにあった人は見たことありません。

(気持ちよく酔っ払ってiPhoneを自発的に投げ飛ばして壊した人・無くした人は数回見ました笑) 南国セブ島は人の心を狂わします。
主に留学生であり、日本人観光客でそこまでになる人は見たことありません。笑

・一泊1000円以下のホテルめちゃ多いので、国籍問わず1nightラブへ繋がっているケースはよくみます。

・踊り方は分からなくても大丈夫。みんなノリです!フィリピン人女性orフィリピン人ゲイのダンスの腰の振りは半端ないです。

・陽気なフィリピン人ですが最初はあまり踊りません。誰か一人が踊り出したら、キレイに続々と皆踊り始めます!是非、日本人が先導きっちゃいましょう!笑

セブ島クラブのおすすめ過ごし方・特徴の前置き長くなり着ましたが、
実際のおすすめクラブ紹介していきます!

ジュリアナ

最初に紹介する3個は特におすすめな代表的なクラブです。3つそれぞれ特徴が大きく異なるので面白いです♪ 
(※知名度No.1だったジュリアナは2017年5月に閉鎖し、4つ目に紹介するオクタゴンとして生まれ変わっています。)
セブ島の夜といえばマンゴーストリート!シティの中心に位置して、ビキニバーなど多くの女の子系お店も点在し、夜でも灯りと人で溢れかえっている楽しいエリアです。
そのマンゴーのど真ん中に位置するクラブがセブ島最大級クラブ「ジュリアナ」です。

f:id:fuuujikko:20170703202109j:plain
ローカル的な野外系クラブも含むと規模が最大かは怪しいですが、もっとも知名度は高くセブ島ナイトクラブの代名詞です!

人の多さ・盛り上がりはもっともすごいです。フィリピン人率高く、ザ・東南アジア感溢れるカオスなクラブを楽しみたいならジュリアナです! VIP席はDJブース真裏にあり、広い全フロアを見渡せる感じは良いです。ただ完全個室になっているので、音的にちょっとフロアと隔離されている感じがあって寂しいです。笑

何より良いのはマンゴーストリートの中心にあるので、入ってイヤでも他の代替場所が徒歩圏内にたくさんあることですね♪ 入場料は150ペソ(約350円)です。
マンゴーの中心ということもあり売春婦フィリピーナが多く、日本人と分かればすぐ寄ってきます。 音がうるさくて大体聞き取れないので、携帯のテキストに[Do you wanna buy me?]と打って誘ってきます。
陽気なので、断っても全然気にしないのでそこは安心です。

これが多くて個人的には好きではないです。これもアジア感の新鮮さがあり旅行客には良いと思います✨ 女の子といればさすがに声かけてこないです。
国籍比率はフィリピン人60%:日本10%:韓国10%:台湾10%:欧米系その他10%くらい。

LIV Super Club

ジュリアナの対局にあるクラブがLIV(リブ)です。セブシティ最高級クラブです。
パークモールという有名なショッピングモールの目の前にありアクセスも◎。
高級クラブLIVだけは入場料も300ペソ(700円)と他のクラブの2.3倍です。
高級とは言え700円程度なので全然日本人なら誰でもいけます。お酒も若干高めではある。

f:id:fuuujikko:20170706233304j:plain
入場料払えないので、フィリピン人売春婦とかはまずいないです!フィリピン人もいますが、完全に裕福なフィリピン人達です。
フィリピン人20%:欧米系30%:日本台湾韓国50%といったところですかね。
金持ちな欧米系多め。

基本的に踊り台やフリースペースはあまり広くなく、テーブル席やVIPルームが多いです。それぞれボトル付きのテーブルを陣取って音楽を楽しみながら飲んでいます。

LIVは暴れ狂っている人は少ないです。笑
基本的にお金がないと楽しめないです。一番上品で落ち着いたクラブではあるので、女性で純粋に音楽を楽しみたい方などにはもっともおすすめ♪

ICON

マボロというシティの中心地近くにある便利な街にあるクラブです。市街地ど真ん中にあるクラブなので、クラブとしての立地は特に良いわけではないです。
Hyper Club Roofという有名なクラブが潰れ、その生まれ代わりがICONです。
なので、ICONは実は2016年9月に出来たばかり、まだ1年も経っていない。

場所も夜の繁華街ではないということもありopen当初3ヶ月は潰れかけ寸前だったのですが、韓国人オーナーがPRにも非常に注力し、各種イベント開催などで日々盛り上げ、今や名もそこそこ通る人気クラブです!

ローカルなジュリアナ、高級なLIVと来て、1番日本のクラブスタイルに近い標準的なICONです。密度もはジュリアナほどはやばくないですが、週末は適度にパンパンに詰まっています。VIPルームは1階サイドと2階全域になっていますが、2階のVIPエリアにも広く踊れるステージあるので、皆一緒になって楽しめやすいです♪
入場料は100ペソ。
f:id:fuuujikko:20170706233303j:plain
日本のクラブに一番雰囲気が似ている、多国籍な客層版だと考えてもらえれば。とは言えダンスの盛り上がりなどはもちろん日本以上です。踊り狂っている人も結構います。
国籍比率は、フィリピン人30%:韓国人20%:日本人20%:台湾10%:欧米10%:その他10% って感じ。
多様な国籍のバランスが良いこともあってか、アジアならではの皆が仲良くなりやすい空気感溢れています✨
フィリピン人も多いですが売春婦などはほぼおらず、中級層の方々が多いです。英語の先生とかも多く、留学生がよく自分の英語のteacherとご対面したりしています。笑

新しいので設備などは清潔感に溢れ、スタッフも愛嬌抜群です。目の前が日本人が多く住む大型コンドミニアムということもあり日本人慣れもしており、日本人を好きなスタッフが多いです。良いこと。セキュリティマン超マッチョなのに超フレンドリー。

オクタゴン

f:id:fuuujikko:20170822151248j:plain
1つ目に紹介した「ジュリアナ」の生まれ変わりで、2017年6月にできたもっとも新しいクラブです。 休日の入場料は男性200ペソ・女性100ペソで、平日は男性100ペソ・女性無料となっております。1ドリンクついてきますが、ポカリのようなほぼジュースです。
ジュリアナの生まれ変わりとは言え、場所はマンゴーストリートではなく、マンダウエの方にありSMモールやParkモールの近くにあります。アクセスは良くはないですね。

f:id:fuuujikko:20170822150853j:plain
総じて言うと、確実にセブ島内でダントツでNo.1クオリティのクラブだと思います。建物自体が新しいこともあり美しさ・清潔感は抜群、箱も大きく、クラブとしてのサービスも整っております。VIP席多めでLIVに構造は似ていますが、より大きいこともあり踊るフロアもしっかり確保されており、また音楽自体も良いです♪

f:id:fuuujikko:20170822150923j:plain
上品感溢れており、ジュリアナと異なり売春婦フィリピーナは少ないです。すでに毎日パンパンに埋まっていますよ。50%くらいが韓国人です。VIPルームは最安5000ペソから取れます。

Alchology(アルコロジー)

一つ目で紹介した最大規模のクラブ「ジュリアナ」の隣にあるクラブです。正直言ってしょぼいです。笑

ほとんどフィリピン人ですが、逆にローカル感をとにかく求める人にはおすすめです。

週末100ペソ、平日はエントランス無料で、安いのでマンゴーストリートでのビキニバー遊び前後に寄ってみるとかはありかもですね。

DEN(デン)

眠らない街ITパークにあるクラブです。多くのおしゃれバーやレストランなども立ち並ぶITパークで立地最高ですね。デンはかつての人気クラブロフトの生まれ変わりです。

高級感あふれる雰囲気はありますが、規模は大きくないです。めっちゃ踊る系クラブというよりは、お酒飲む用のバーがちょっとダンス用に激しくなったくらいな感じ。

MO2(エムオーツー)

パークモールから徒歩2分に位置するので高級クラブLIVに近いです。
こちらも完全なダンスクラブというよりは、室内はバー的な雰囲気で、外がダンスフロアとなっています。
割と多国籍な方々がバランスよく集まっているので仲良くなりやすいです。

LOTUS(ロータス)

f:id:fuuujikko:20170706233302j:plain
セブシティだけではなくマクタン島にもクラブはあります。日本人にあまり知られていませんが、マクタン島に唯一ある正統派ダンスクラブです。
TAMIYA(タミヤ)という大型ショッピングモールエリアにあり場所もわかりやすいです。

3つ目に紹介して個人的にも1番好きなICONに雰囲気がやや似ています。ザ・クラブですが、よりローカルな人が多く日本人は少ないです。綺麗なちゃんとしたクラブで、わちゃわちゃ楽しみたい、さらにできれば外国人と楽しみたいという方にはおすすめです。

但し、もし女の子狙いの男性がいれば欧米人男性が多くライバルのハードルは高いですよ笑 マクタン島のリゾートエリアに宿泊している欧米人が多いです。
フィリピン人50%:欧米25%:韓国15%:台湾8%:日本2% といった感じ。

アジアならではのガチャガチャ感はあって楽しい✨マクタンの方がセブシティより治安悪いので周辺の雰囲気はやや怖いです。

(番外編)アリーナ

これは番外です。クラブというよりビキニバー。VIP席も多く高級クラブのような雰囲気です。用途によってはありだと思います。
セブシティにたくさんあるビキニバーの中でも最高級であり雰囲気の上品さ・質は抜群です!

セブ島夜遊びの女の子系コンテンツはこちらの記事で詳しく紹介します。


以上、フィリピン・セブ島のクラブの特徴まとめとおすすめクラブの紹介でした♪ 南国にて皆で楽しく踊り狂いましょう!