読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふじっこブログ

日本一周・世界一周経験有の旅行会社社員のブログ

【セブ島お土産】センス抜群!絶対に喜ばれるフィリピン流土産の選び方!

セブで観光ガイドの仕事をさせていただいている際に、もっとも尋ねられる質問の1つがセブのおすすめ土産についてです。フィリピンならではのおすすめお土産って案外難しい。

食べ物の方がセブ土産の定番とされているものが多く、特に食べ物以外のお土産に困っている方を多く見かけます。

故に当記事では、「食べ物編」と「コスメ/雑貨編」に分けて、絶対に喜ばれるセブおすすめ土産10種類を紹介します。

セブ島土産:食べ物編

食べ物ではセブらしさ満載の万人受けするもの、話のネタになるようなもの、またバラマキ土産として使いやすいものをピックアップしていますので、状況や渡す相手に応じたもの選んでください。
基本的に全てショッピングモールやローカルのスーパーでも売っています。

ドライマンゴー

f:id:fuuujikko:20170309195435p:plain


セブで知らない人はいない、セブ土産の王道中の王道をいくのがドライマンゴーです。セブで有名な果物マンゴーの味がギュッと凝縮されたお菓子です。青果物ということでマンゴー自体の国外持ち出しには申請が必要ですが、乾かされたドライマンゴーは申請不要です!
ドライマンゴーはたくさんの種類がありますが、なかでも7Dという種類が1番人気です。特に日本人の味覚には合うようです。

また、セブ在住でも知らない人がいるほどレアなものではありますが、グリーンマンゴー版もあります。グリーンマンゴーとはマンゴーの種類の1種で通常マンゴーから甘みだけを上手く抜き取った一品です。絶妙な酸味があり僕はかなり好きです。定番から少し外したい方は是非どうぞ!
1袋約150円前後が相場で、7Dは少しだけ値があがります。

バナナチップス

f:id:fuuujikko:20170309195448p:plain


表面はパリッとあげられており中からはバナナの適度な甘さを感じられる絶妙なバランスに安心感を感じます。国籍問わず多くの人々の心をつかみ、セブの超ロングセラー商品としてお菓子界の頂点に君臨し続けています。

堅すぎず柔らかすぎず食感も絶妙でやみつきになること間違いなしです!食べ過ぎたら止まらずセブでバナナチップス太りをする女子もいるほどです(笑)。 スナック菓子がとにかく安いのでお菓子に悩んでいる女子は本当に多いです。
持ち運びやすさ、保存性も抜群なのでお土産に最適です。こちらも1袋150円ほどです。

オタップ

f:id:fuuujikko:20170309195440p:plain


オタップは甘い系スナック菓子の一種ですが、まさにうなぎパイのフィリピンバージョンと言われています。日本で人気のお菓子ホームパイに食感・見た目・味が似ています。
1袋の値段目安は200円前後です。袋に入り小分けになっているので、ドライマンゴーやバナナチップスと比べて、職場など大勢の人に渡すばらまき土産には最適です。

バナナケチャップ

f:id:fuuujikko:20170309195411p:plain


日本で一般的にトマトケチャップではなくて、なんとバナナです。
フィリピン人ここにもバナナはさんでくるかとネタかと思うほどですが(笑)、フィリピン料理ではかなりメジャーで普通に使用されています。
日本人にも愛される人気チェーン店「ジョリビー」でも使用されているほど、あらゆる食事に使用されています。

僕はケチャップ自体が嫌いなので好きじゃありませんが、周りの日本人では重宝している人多いです。
1つ50円ほどで1パックとして売っているのでお土産としても購入しやすいです。フィリピンのセブ島で購入したバナナ味のケチャップなんてネタとしても美味しいです。(笑)

ドリアンキャンディ

ドリアンキャンディは万人ウケはしないです(笑)
好奇心旺盛で変わったもの好きの方にあげれば超喜ばれます!

強烈な匂いで知られているドリアンですが、本当に強烈です。。。一度は体験してみる価値ありだと思います!キャンディはドリアンその物よりはだいぶマシではありますが、なかなか強い匂いを保持しています。
日本でドリアンを体験してみたい人には良いお土産になるでしょう。

味に関しては感想は分かれますが、美味しいという人はハマり続ける人もいます。お試し用に良いかもしれませんね。

セブ島土産:コスメ/雑貨編

セブ島土産選びで多くの人が困るのが、やはり食べ物以外の品です。
実はセブ島にはコスメ系から形として思い出に残せる系まで様々なおすすめお土産があります。
非常に安く購入できるわりに、女の子などがかなり喜ぶグッズもおおくコスパ抜群のプレゼントとなります。

パパイヤ石鹸

フィリピン人女性に絶大な人気を誇る美容グッズです。パパイヤは美白効果が抜群とのことでパパイヤ系美容グッズはたくさん存在します!
白い肌への憧れが強いこともあってか、フィリピン人の美白に対する意識の高さは日本人以上です。

パパイヤグッズのなかでも圧倒的人気を誇り、セブ島定番お土産ともなっているグッズが「パパイヤ石鹸」です。肌を白くさせるだけでなく、シミやそばかすを解消するのことにも効果があると言われています。保湿効果も強く石鹸として利用する相性は抜群です。
1個ずつ小分けで購入することも可能でお土産にも使いやすいです。1個150円前後です。しれっと上記の効能を伝えてあげながら渡すと価値あがります。フィリピン人は誰しもが知っている効能です。

ココナッツオイル

同じく美容系グッズのココナッツオイルです。世界の有名セレブが愛用しているということで日本でも2015年くらいから話題になっているココナッツオイルです。ブームの火付け役はミランダ・カーです、彼女が愛用しているとのことです。
南国イメージが強いココナッツですが、年中暖かいセブでは名産物の1つです。お肌をツルツルに保つための保湿に最高です。

体に塗るだけでなく、食べ物に入れて使用する効能も強いのです。ココナッツを一緒に摂取すると体に余分な脂肪をためにくいという最高なダイエット効果があります。パパイヤ石鹸にも言えることですが、日本でも購入はできるのですが、セブで買うよりも5倍以上の価格がして、わざわざ自分では買わないという人が多いです。コスパ良く持続的に喜ばれる女子にはおすすめの最高のお土産です。

アルコールジェル

こちらは疑問に思うかもしれないですが、持ち運びサイズのアルコールジェルはセブでいたるところで売られています。多くのフィリピーナ(フィリピン人女性のこと)が持ち歩いています。そんなにキレイ好きなのか?と思うかもしれませんが、トイレ後手を洗わずにアルコール消毒で代用しているという背景があります。

イケイケでファッションにも超こだわっているフィリピーナでも手を洗わないと言っていたので本当のようです。現地の人の日用品になっているほどなのでかなり安く買えます。セブ感はないかもしれませんが、アルコールはあれば使えるので実用品として感謝されること間違いなしです。

Islands souvenirグッズ

セブに何店舗もある人気のお土産屋さんです。「I LOVE CEBU」Tシャツを購入できます!何よりも特徴的なサービスは自分の名前を服にプリントしてくれることです。僕だったら「RYOTA LOVE CEBU」というオリジナルTシャツを作成することができます。友達の名前を入れてあげたら感動されること間違いなし。とはいえ、その友達をセブ大好きと決めつけるのもあれなので、細かいところを気にする友達には不向きかもしれません。笑

それ以外のセブらしいデザインのTシャツもたくさんありますし、服以外にも適したアクセサリーがたくさん売っていますのでお土産購入としては最適です。とりあえず悩んだら行ってみる価値ありです!セブ最大のショッピングモールであるアヤラモールにも店舗が入っています。

ウクレレ

f:id:fuuujikko:20170309195843p:plain


セブ島ではギターの材質の木が採れるらしくギターも少し有名です。その木を見たことはありませんが、ギターは実際に多く売られています。
セブではクオリティが悪くないギターをかなり安くで買えるので、重要な人へのお土産や自分用で購入するのもありだと思います。実際に買っていく人も見かけます。

マクタン島には有名観光地となっている「ギター工場」が存在して100種以上のギターが売られています。ギターとなると大きすぎる、ガチすぎるという方も多いと思いますので、そんな方にはミニサイズのウクレレがおすすめです。日本でもセブの余韻に浸れること間違いなし。ちなみに空港にもウクレレは売っています。

以上、超定番セブ土産から、少しパンチの効いた面白いものまで、絶対に外さないお土産10品を厳選してピックアップしてみました!
充実のセブ滞在をしっかり締めくくれるようにお土産も上手く選んでください♪