ふじっこブログ

ふじっこブログ

日本一周・世界一周経験有の旅行会社社員のブログ

沖縄旅行北部編

北部

はい、北部行きます!
まず沖縄は南から北まで58号線という国道が一本まっすぐ通っているので車で南北間の移動は楽。
沖縄本島の観光ハイライトといえばやはり北部。絶対に北部までは足を運びたい。北部と言ってもほんまのめっちゃ北まで行く必要はなく美ら海水族館がある本部町くらいまでで十分だと思います。


まず圧倒的知名度を誇る「沖縄美ら海水族館」に行くならこの周辺にも存分におすすめあり。

美ら海水族館は入場料2000円弱かかるけど、隣に「おきちゃん劇場」という無料イルカショーがあります。真っ青な空と海を背景にイルカがジャンプする姿は神秘的、少年の心が残っている人がいれば絶対に喜びます。ジンベイザメが目玉で日本一の規模、入場者数を誇る水族館なのでせっかく来たならもちろん入る価値はあります。値段分の価値は十分にある。水族館やオキちゃん劇場が入っていいる一帯のエリアを海洋博公園と言いますが、同公園内には他にもプラネタリウムが有名な「海洋文化館」や、沖縄のおばあとのゆんたく(会話の沖縄弁)が楽しめるまったりスポット「沖縄郷土村」などもあります。

そして美ら海水族館まで行ったなら、車で20分強で行ける「古宇利島(こうりじま)」には行った方が良いです。「古宇利大橋」はこれまたドライブ気持ち良い。 嵐のCMで有名になったハートロックもこの島にあります。島は小さいので30分もあれば一周できる。海きれいです。どこにいてもほぼ海見えます。島入口には島を一望できる展望台もあります。ドライブが好きすぎる人は古宇利島の手前の屋我地島を東に抜けると、屋我地ビーチを横目に屋我地大橋も通れてこちらもなかなか気持ち良い。

美ら海水族館と古宇利島の間は今帰仁村(なきじん)というエリア(それぞれ10分ずつくらい
)で、世界遺産の一つ「今帰仁城跡」もあります。桜の時期はきれい、ちなみに1月下旬~2月くらい。早さすんごい。もちろん沖縄が日本一早い開花。今帰仁村はのんびりした村なのでゆ~っくりするのもおすすめ。

逆に美ら海ビーチから古宇利島と反対側に車で20分行けば瀬底島があり、瀬底ビーチは沖縄ビーチの中でも超きれい。美ら海水族館を含む海洋博公園内にもエメラルドビーチがあるけど、どうせなら瀬底ビーチのがきれい。瀬底島の「FuuCafe」は好きな海カフェ。

美ら海ビーチより手前側にある人気観光地が「パイナップルパーク」と「ネオパークオキナワ」。パイナップルパークはもはや世界観すごい、全部パイナップル。施設内を走っている乗り物でさえパイナップル。ほぼパイナップル食べ放題状態。しかも美味しい。ネオパークは動物園的な、子どもは喜ぶ思うので家族旅行向け。

本部町行くまでに通るのが「道の駅許田」。前述したように道の駅文化が強い沖縄ですが、この許田はなんと全国1位の道の駅に選ばれています。商品のバラエティ数豊か。あんまり僕はそそられるものなかったですが、サーターアンダギー美味しいのでここら辺で食べても良いのでは。案外、沖縄旅行内でサーターアンダギーを食べる機会は少ない。
寄るのは行きでも帰りでも良いですが、夕方になった方が品切れ多発です。


で、この辺りはご飯が美味しい。
「花人逢」という丘の上にある赤瓦民家のピザ屋さん。絶景×民家も素敵。なんとメニューはピザだけ。ここは絶対並ぶけど、ほんと美味い。ほんまに美味い。僕の人生史上ピザNo.1かもしれない。ほんまに美味い。
「朝日ステーキハウス」というジューシーなステーキ屋さんも美味い。
「ととらべべハンバーガー」も美味いわ。これら全部美ら海行くまでに通る圏内。
あとは美ら海水族館すぐ近くのザ沖縄っぽい料理を出してくれる雰囲気のあるお店「お食事処ちゃんや~」もおすすめ。

やんばるエリアと呼ばれるほんまの北部まで行きたかったら、北に進むと沖縄最北端の「辺戸岬」や「大石林山」などがあります。やんばるという名前から連想する通り自然のエリアです。あんまり詳しくないけど、時間がかかるから特別な思いがない限り行く必要ないかと。