ふじっこブログ

ふじっこブログ

日本一周・世界一周経験有の旅行会社社員のブログ

宮古島情報後半

宮古島北西(伊良部・下地島含む)エリア

宮古島北西というか、ほぼ伊良部島・下地島です。伊良部大橋と面している宮古本土はもうすぐ中心街なので、伊良部島はすぐ行けます。位置関係としては宮古本土から伊良部島に行

き、そこから陸続きで下地島があります。

まず「伊良部大橋」は宮古で最も新しくできた橋で2015年に設置されました。この開通のおかげで伊良部・下地島にも車で行けるようになり島の知名度が一気にあがりました。さらに伊良部島・下地島は小さな島なのに、かなり多くの名所があります。

まず伊良部島入口すぐ側にある「牧山展望台」は一つ目の絶景ポイントで、真っ青の海の上に浮かび上がる伊良部大橋を全望できるスポットです。車で15分ほど進んだ場所の「フナウサギバナタ展望施設」(巨大な鳥のモニュメントが目印の絶景景勝地)もかなりの絶景ポイントです。さらに10分進むと「白鳥崎」(この辺りは遊歩道が整備されており海沿いの絶景を見ながら散歩できる)もあります。下地島との島境には「佐和田の浜」(泳ぐ場所なのではなく大きな岩が点在する珍しい干潟で夕日がきれい)と「渡口の浜」(透き通る真っ青の海水と東西800mに広がる真っ白な砂浜のコントラスト最高)の二つのビーチがあります。

下地島にも、宮古島一のシュノーケリングスポットと呼ばれる「中の島ビーチ」があります。近くには「通り池」という知名度はかなり高いスポットがあるのですが見た目はしょぼい。通なダイバーは好むらしいが小さい。地上から見ると岩を挟んだ二つのビーチに見えるが実は水底では2つに見える池は繋がっているので潜って通ることができるということで通り池です。有名だし中の島からすぐなので見に行くくらいの価値はあり。

下地島でわりと有名な珍しいタイプの観光地で「下地島パイロット訓練飛行場」です。ここは名前の通りの場所で飛行機が飛びたって行く様を近くで見れて飛行機好きや写真好きには溜まりません。きれいな海の突き出た滑走路に爆音で降り立ってくる飛行機は迫力あります。

伊良部・下地島にはこれといったグルメはあまりないです。解放感あふれる海カフェで食べる宮古牛ハンバーグが売りの「ソラニワホテルアンドカフェ」@伊良部はおすすめです。

 

宮古島北東(池間島含む)エリア

池間島に続く宮古島北西の方は細長く伸びているので、少しだけ移動に時間がかかりますが絶景ポイントやユニークな観光地が多いです。繁華街に比べるともちろん少ないですがグルメも他エリアよりは多め。

右上に突き出ているエリアに突入するとすぐに「島尻マングローブ」(マングローブ密林に架かる自然遊歩道を歩いて探索するので気軽に行きやすいマングローブ)があり車で20分ほど北上すると「池間大橋」の麓となります。池間大橋に突入する前にその麓周辺に魅力的な観光地が2つあります。「雪塩ミュージアム」(雪塩ソフトは食べたい。買い物用にも整っていて食用・美容グッズとして良いお土産にも。料理好きな人にはかなり重宝されている。)と「西平安名崎」(3基の風車がシンボルの夕日絶景夕日ポイント)は2つともユニークな観光地で他とは違った楽しみ方ができます。これらのすぐそばで池間大橋の手前にある超人気老舗食堂「すむばり食堂」はタコ丼が名物で一度食べると忘れられない味です。島尻マングローブの近くにある「茶音間(ちゃのま)」も人気カフェなのですが、離島では珍しいカレー専門店です。本格的なインドカレーでなかなかスパイシーです。

池間大橋を渡った先にある池間島にも美しいビーチがいくつもありますが、なんといっても一番の見所は池間周辺に広がる「八重干瀬(やびじ)」と呼ばれる巨大な珊礁です。八重干瀬があるので本当に海が美しく光輝いています、またダイビングでも人気のエリアです。

宮古の右に突き出た部分の手前にあるのが「砂山ビーチ」です。与那覇前浜ビーチと並ぶ宮古の美しいビーチです。規模は小さく落ち着いた雰囲気の良いビーチです。

 

中心部(市街地)

中心部は街としてももっとも栄えておりグルメも集まっています。なんと宮古空港も中心部にあり、空港がこれだけ市街の近くにあるというアクセスの良さも魅力ですね。「宮古島博物館」(体験施設もあり。宮古島文化でありドロ人形のパーントゥは見物)もあり宮古文化に興味のある人は立ち寄って。

あとは生ものなどを販売している公設市場もあり離島の活気あふれるマーケットを見てみるのも面白いです、また掘り出し物のお土産も見つかるかも。

 

では最後に宮古市内のおすすめグルメを厳選して紹介。全部わりと近い位置にあります。

 

まず安定感満載の食堂風店舗で宮古料理を食べられる店と言えば「くになか食堂」(ランチ営業のみだが宮古そばのTOPと言われる絶品で、さらに一緒に提供される天ぷらまで絶品で人気をさらにあげている)や、「郷家(ごーや)」(宮古には珍しい100人以上入れる店で島っ

ぽくないが味は美味しい。)、「ぽうちゃたつや」(沖縄の島料理を堪能できる居酒屋では郷家と並ぶ2大おすすめ、島らしいちょっとボロい感もあって良い。)は外さない。

2軒目におすすめなのが「島おでん たから」(豚の足テビチのトロトロおでんをカウンターで島のおばちゃんが。深夜2時まで)。

 

「タグズバーガー」(宮古牛100%使用のパテに溶岩チーズ。宮古一贅沢なハンバーガーと

言われている。20:00まで)、「喜八」(コスパ最高すぎる焼肉)などもおすすめ。プチ休憩系で言うと「リッコジェラート」(ほんとに美味しいジェラート)。

 

僕個人としては宮古-石垣間の飛行機代はプラスになってしまうが4日ほどあれば宮古→石垣まとめて行くのもあついと思っています。