読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふじっこブログ

日本一周・世界一周経験有の旅行会社社員のブログ

沖縄旅行中部編

中部の概要

中部の中で分けると那覇のすぐ上あたりの「北谷」エリア、その上で北部までの間部分の西側「西海岸」、そして東側の「東海岸」となります。
北部でどれだけ遊ぶかなど時間の配分次第だけど、北部行くなら途中で中部でも立ち寄りたいポイントいっぱい。または一日がっつり取る価値も十分にあります。

西海岸

まず西海岸は沖縄本島一のリゾート地です。沖縄ホテルでもトップレベルの知名度を誇るホテル日航アリビラも西海岸にあります。
西海岸エリアは主に読谷村・恩納村となりますが、読谷村はリゾートエリア含め観光地も
「体験王国むら咲むら」(琉装体験など名前の通りいろんな沖縄らしい体験が100以上ある)、
「琉球村」(こっちも沖縄らしさ感じられる施設)、「やちむんの里」(沖縄観光地の中でも圧倒的に異質。沖縄名物の焼き物であるやちむんを作っている場所だけど職人さん達ががちで窯で作っていて漂う本気のオーラから伝統深さを感じる)などの有名観光地多し。また読谷村には美味しいパンケーキ屋さんが多い。
恩納村には一度は聞いたことあるであろう観光地「青の洞窟」があります。ダイビングスポットとして有名だけど普通にシュノーケリングも楽しい。青の洞窟とほぼ併設してあるのが「真栄田岬」で絶景を望める沖縄本島きっての景勝地。この真栄田岬と並ぶ絶景景勝地が
少し北にある「万座毛」です。夕日は西側に落ちるので西側のビーチや景勝地は基本的に夕日きれいです。恩納村もホテル多いので、読谷リゾートホテル含め、西海岸拠点の旅行者も多いです。

東海岸

東海岸は海中道路を通って、浜比嘉島や宮城島、伊計島に行くのがメインの観光コースです。
「ピピネオ」という可愛い森カフェや「パヤオ直売店」というややディープな場所だけど海鮮が超コスパ良く美味しいグルメもあり。時間があれば東海岸も立ち寄ってほしい。


北谷

中部の最後に北谷。ここは目的地として目指すというよりは、那覇から北部や西海岸に行く際に通るので是非立ち寄ってほしい観光エリアです。
北谷観光の中心スポットは観覧車がトレードマークである大型ショッピングセンター「アメリカンビレッジ」。
米軍基地が近いので名前の通り、北谷はアメリカンなエリアです。かわいい雑貨なども売っているので女の子はテンション上がるかも。
僕てきにはアメリカンビレッジよりもグルメ含め周辺のスポットの方が推したい。
まずビレッジと併設している「サンセットビーチ」、西の海に面しているので名前の通り夕日がきれいで有名、海は普通。バーベキュー設備など整っていてビーチパーティしている人多い。活気あるエリアです。
5分ほど歩けば「アラハビーチ」もあり、こちらの方が海きれい。この辺りでは「トランジットカフェと」いう海カフェはおすすめ。徒歩県内。ランチでも可。海の男たちに愛される「浜家」という沖縄そば屋はとろとろなソーキそばが特徴的で超人気店。あとは10分ほど南にはくだるが「宗像堂」というパン屋さんは最高。まさに隠れ家という名前が似合う、森の中にある、味最高。あとは「LAULA ILIKAI」というカフェ&バーも開放的な空間で、アメリカンなエリアにあったノリの良さを兼ね備える美味しいお店。

北谷エリアではないけど、那覇から北上して北谷までの間にあるもので(ほぼ那覇寄り)、外人住宅はおすすめの立ち寄りスポット。昔米軍の方々が住まれていたアメリカ風の可愛い小屋が複数立ち並んでいるエリアで今は少しの改装を加えてかわいいカフェや雑貨店が営まれていて女の子に人気の観光エリアになっています。この中の一つ「オハコルテ」は沖縄内では知らない人はまずいないスイーツチェーン店で沖縄内いたるところに店舗があります。沖縄に行ったなら一度はここのケーキ食べる価値ありです。