ふじっこブログ

日本一周・世界一周経験有の旅行会社社員のブログ

那覇で食べておくべきグルメ。沖縄に何十回行った上で判断した良店。

沖縄にはかれこれもう何十回といき、いろんなグルメに挑戦してきました。

中でもグルメ激戦区である那覇のおすすめグルメを紹介します。
ベストを厳選。あくまで主観です。

海産物 えんがん @那覇

f:id:fuuujikko:20160824202357j:plain

まさに海に面した港町にある、地元民に愛されるお店。
国際通りから3km。車だとそんなに時間かからない。
観光客にはあまり知られていないディープなお店です。

1000円強で食べられる海老フライや海鮮定食の
超ボリューミーさもコスパ良さげだったけど、

何より絶品は、伊勢えびウニ焼き (2100円)
ランチから2000円越えは若干気が引けるが、
沖縄旅行の思い出の1つに行く価値あり。

普通では、こんな超新鮮な伊勢エビとウニをこの値段で味わえる事はまずないでしょう(笑)
完全に沖縄の地元価格!味はとにかく美味しい。

身が超ギッシリ詰まったぷりぷりの伊勢海老の上に、
あまいうにがたっぷり乗っていて、とても合っている。
クリーミーなウニが伊勢海老を包み込み、双方に美味しさが増してる。
口の中で甘みと歯ごたえをともに楽しめる。

ここはまず知らないと辿り着かないな〜笑
噂では前日の穫れ高によっては、価格が安くなることもあるとかないとか。

山羊料理さかえ

f:id:fuuujikko:20160824202322j:plain

感動値は1番大きな店かもしれない。
もはや料理店の域を越えている、エンタメ枠や。笑

かなり通な場所にあるかと思いきや、メインストリートの国際通りから一本入った路地で超行きやすい。
牧志駅から徒歩2分。
山羊(やぎ)料理が好きとか嫌いとかそんな域の話じゃない。
(僕初めて山羊食べたけど、ヤギの肉好きじゃなかったな・・)


そーめん、沖縄野菜、じーまみ、料理名なしの店員用のまかない、ピリ辛ウインナーなど続々と出てくる。
ちなみに上記全て無料。笑
もちろん、別にお金なくておねだりしたわけじゃないよ。笑

全部しーぶん(おまけの沖縄方言)


ママさんが接客もしながら2人で回してて1つ1つ丁寧に
作ってるから出てくるの遅い。笑 注文したもんが出てくるのは本気で遅いよ!
だからその間はしーぶんであらゆる料理が出てくる。

他の誰かが頼んだものは、
他の人達にもおすそわけ〜とまわってくる制度。笑
まだビール一杯の料金だけでこんなに食べっちゃってる。

1つ1つ家庭料理って感じの味付けで、ほんとに美味しい。
店の面白さだけで責めてるのではなく、さすが沖縄食べログでもTOP10に入る。
味は本物。1つ1つ手抜きがなさすぎ。
沖縄料理に絶妙なにんにく加減で、刺激と安心感のある味。


名物は山羊の刺身 (1300円)。
山羊汁もせっかくなら挑戦。

これらは21:00に注文して、きたの23:00前かな。笑
このときには既にお腹いっぱいすぎて、どうしても食べ切れなかった。

普通の店じゃさすがに怒るレベルの時間差だけど、
ママさんのトークで一切の飽きはなし。
ただし既にお腹はいっぱい。笑

山羊(ヤギ)の肉はコリコリしすぎてた。

くさみが少ない山羊料理と評判だったけど、正味それでもまあまあくさみあったな。
お子様の口にはやぎはヘビーだった。笑

23時前からママさんも自分のご飯食べ出すけど、それもめっちゃくれる。
ほんまに美味しいけど・・・・もういい(笑)

机は何個あるか分からない。客が来たら普段机じゃないとこも机になってる、多分。
完全全ての通り道ふさがってた。
それでも誰もいやな顔をしないのがこの店の不思議。

料理もカウンターの客からテーブル客へと手渡しで渡される。
「ちょっとこれ、あそこのテーブルのおにいちゃんに渡して〜」
それでも皆笑顔。

ある程度の時間過ぎたら(22:30くらい)、店内から鍵を締める。
変な酔っぱらいきたら邪魔やし〜と。

絶対来た人みんな仲良くなるらしい。良いお客さんしか来ないんよ〜と。
コミュ力の神。そんな生半可な言葉で表せない。笑

ママさんに圧倒されすぎて、全員心が解放される。

地元でちょっと飲みにいくにはヘビー級すぎる店だけど
沖縄旅行のほんと良い思い出になるとおもう。

ちなみに、地元客:旅行客=3:7くらいかな。

最後ヤギの本持ってきてくれてめっちゃ一生語ってくれて、
24:30くらいなっててめちゃ眠かったけど。笑
営業時間は23:00まで。

落ち着いて食べたい人にはむかないかな。
ガヤガヤ盛り上がるの好きな人には心に残るおもてなしだとおもう。


最後の会計時には、お酒の注文は伝票つけてないから全部、自己申告制度。笑
ビール3本と申告し、2600円。安すぎ。
いくら沖縄価格と言っても安すぎる。。

むしろ心いたい。これだけ食べて。
ほとんどが無料で、なんかもう・・
最後ほんま苦しかってんけどこれだけ

遅めに行くのがオススメ〜。
仕組み化なんて一切なしの、ママさんの人柄と料理センスで
ここまでの人気を出している。
この店がマンガにもなってるそう。 

オハコルテ 港川本店 @浦添

f:id:fuuujikko:20160824202457j:plain

沖縄には何店もある有名なスイーツ屋さん、オハコルテ。
外人住宅ににある本店。国際通りからは4kmほどで車が必要。

外人住宅じたいも有名な観光地になっていて、いろんなショップがある。
どのお店もかわいくデザインされていて見応えあり。
店内が改装されたカフェも多く特に女性にはお勧めの場所。

外観は洋風チックな小屋で、中もシックなオシャレ。
種類がとても豊富。
価格は大体、1つ500〜600円台。

タルトを選ぶと、席まで運ばれてきます。
美味しいタルト。

タルト生地のサクサク感と、クリームの甘さ、
全てが凝縮されているといった感じ。とにかく濃厚。

ボリュームの割には価格は高いが、まさに味の凝縮。
かわいい雰囲気料も込みといった感じ。

栄町市場

f:id:fuuujikko:20160824202405j:plain

1つの店がと言うより、栄町市場自体の紹介。
安里駅から徒歩2分で、メインストリート国際通りからも歩いていける。

ディープな沖縄を味わいたいなら栄町市場。
まさに東南アジアの屋台通りの雰囲気。若干タイのカオサンに似ているような活気。

外の箱かなんかの上に板を置き出来上がる机の上で食べる。

隣の店じまいした店の机を勝手に使っていく方式で、
並んでいる店は時間が経てば経つ程机が増えていく仕組み(笑)
椅子の座り心地ぜんぜん良くない(笑)
でもこの場で椅子の座り心地良かったら逆に違和感あるくらいの雰囲気。

「べんり屋 玉玲瓏」という店の小龍包
味はほんとに美味しい。
汁がすごい。歯ごたえがあるのに最後とろける。
何個でも食べられる。ただし超あつい。

100mくらい進んだ先にある
「栄町ボトルネック」という店の沖縄そば
面白いのが、出汁は自分でやかんから注ぐスタイル。初めて。

500円以下なので、吞みの〆に最適な沖縄そば。
サッパリしてるから、ある程度お腹膨れていてもサラッと食べられる。

いろいろなところで紹介されていて、栄町にくる観光客も増えてるそうだけど、
まだまだ全然ディープな通りです。