ふじっこブログ

日本一周・世界一周経験有の旅行会社社員のブログ

セブ島天気・気候まとめ!時期別の気温特徴やオススメの服装は?

f:id:fuuujikko:20170821111511j:plain
海がメインとなるリゾートエリアであるセブ島などでは、天気がコンテンツの良し悪しに大きく影響するので、できる限り天気を考慮して予定を組めれば尚良いですね。

また日本のような季節の節目がないと思われがちですが、実はセブ島でも時期によって季節が変わり、過ごしやすさも大きく変わるのです。
セブ島の天気についてや、気候の特徴、それに伴ったおすすめの服装を紹介していきます!

セブ島の天気の見方

日本が出している予報を用いて、セブ島の天気予報を見ようとする人が非常に多いですが信頼性は低いです。やはりその国ならではの予報の方が精度が高く、セブ島の天気判断は下記サイトがもっとも信頼性が高いです。
https://weather.com/weather/tenday/l/Cebu+City+Philippines+RPXX0007?from=36hr_fcst10DayLink_business


下記で説明するように時期によって天気の特徴は大きく異なりますが、スコールのようなものが多く、急に激しいゲリラ豪雨が降り注ぎ、すぐに止むパターンが多いです。
雨だからといって外でのアクティビティを完全に断念する必要もないです。

またセブ島は日本よりも空が近く、雲の状況が非常に分かりやすいので、雨が振ってくるなーと素人でも簡単に察しやすいのが特徴です。

セブ島の平均気温/ 降水量

f:id:fuuujikko:20170821110220p:plain
年間平均気温は26~27℃です。ちなみに東京の年間平均気温は16.4℃です。
気温自体はどの時期でもほぼ変わらず、常に最低気温25℃~最高気温31℃くらいを保っています。日差しが強いので暑く感じることが多いですが、気温自体は日本の夏と比較してもそこまで高くないです。
異常に暑すぎることもなく、1年中温暖な気候なので生活もしやすいです。

また一日の中での暑くなる時間帯などは日本と全く一緒です。11:00~15:00頃はもっとも暑く、早朝や夕方以降はどんどん気温が下がっていき25℃くらいとなり過ごしやすくなります。

f:id:fuuujikko:20170821110902p:plain

次に時期別の特徴で詳しく説明しますが、セブ島は雨季と乾季といった2シーズンに大きく分けられ、それによって降水量は月ごとに大きく変わっています。
6〜11月の雨季は、降水量が乾季の3倍ほどまで増え、特に台風が多い9,10月が一番降水量が多いです。

雨降った時の勢いは強いですが、長時間降る訳でもないので全体的な降水量は日本よりも少ないです。

セブ島気候の時期別特徴 / オススメの楽しみ方

雨季と乾季に分かれると述べましたが、日本の四季ほどハッキリと変化がある訳ではなく、雨が増えてきたな〜といった感じの始まりです。
明確な基準がある訳ではないですが、更に細分化すると、3ヶ月ごとに4つの気候特徴に分かれます。

3~5月 [乾季]

乾季の後半でセブ島の中でももっとも暑い季節です。めちゃめちゃ暑いです。
気温的にそこまで高い訳ではないのですが、日差しも強く体感的には雨季より暑いです。
晴天率高めで常にきれいに晴れており、海も穏やかでコバルトブルーの輝きを放っており、観光に適したシーズンです!

6~8月 [雨季]  

雨季に突入し、所謂スコールが続く時期です。
一日の中で何回か一時的に激しい雨が降り注ぎますが、割とすぐに止みます。
湿度は高くはないので過ごしやすさは変わりません。

波が強くなっていることもたまにあります。アイランドホッピングの船なども揺れたり、シュノーケリングができなくなったりすることも、たまにあります。

9~11月 [雨季] 

雨季でさらに台風が多い時期となります。
セブ島自体台風が直撃することはかなり少ないですが、台風の影響で降水量はより増えますね。この時期も直撃は少ないので、スコールのような振り方が一般的です。

海が濁っていることなどは日によってはあります。

12~2月 [乾季]

3~5月と同じく乾季です。12月はまだ変わりめ時期なのでたまに雨降りますが基本的に晴天率高めです。

湿度も、温度も高くなく、年間を通してセブ島でもっとも過ごしやすい時期です。
セブ島で過ごすベストシーズンですね!だから実際にこの時期にはセブ島の重要な大きなイベントも毎年開催されております。
基本的に晴れているので、海も穏やかで、色も綺麗です。

セブ島で適した服装

f:id:fuuujikko:20170821111807j:plain
時期別の気温や気候の特徴を記しましたが、肝心なのは結局どういう服装で行けば良いのかということ。

まず結論から言うと、時期による服装の差はほとんどありません。年中半袖で心地よいです。 時期別のおすすめ便利グッズなどを参考までに紹介していきます。

セブ島でのおすすめ服装[男性]

まず男性は、半袖・短パン・サンダルが一般的です。
パンツに関しては薄めのチノパンやスラックなど長丈を着ている人もおりますが、外で長袖を着ている人はあまり見かけません。
暑いのでサンダルの方がベターなだけで、スニーカーでも問題ありません。革靴などはちょっと浮く感あります。

但し、モールやレストランなどの室内、乗り物内などエアコンが強すぎて、男性でも寒さを感じる場面が多いです。羽織るようのパーカーやシャツを常に持っていると安心です。

セブ島でのおすすめ服装[女性]

次に女性は、南国ということもあり身軽な格好で、ワンピースやスカートが一般的です。半袖が一般的です。街中でも日差しは強いので日焼け対策として、女性では長袖を着ている人もたまに見かけます。
歩いているだけで汗をかくので、汗ばみやすいデニム生地などは避けたいです。
またヒールは無理ではないですが、整備されていない道も多いので、サンダルがおすすめです。

エアコンの微調整という習慣がないフィリピン人なので薄めのカーディガンやパーカーなど羽織物は必須です。凍えそうになっている女性多いです。 
また排気ガスで空気汚いので白い生地のものはおすすめしません。汚れがつきやすいです。

セブ島[乾季]のおすすめ服装

気温そのものよりも、日差しの強さが強烈な時期です。
サングラス・帽子がおすすめです。
アクティビティに出かけず、街歩きでさえも日焼け止めを塗ることをおすすめします。

セブ島[雨季]のおすすめ服装

雨で整備されていない道路が濡れて、歩きながら泥が跳ぶこともありますので、長ズボンよりも短パンの方が良いです。あとはサンダル必須。

雨直後で少し気温がかわりうるので、羽織物などで調整できる前提での服装が良いです。折り畳み傘などの用意もおすすめです。折り畳み傘では防げないレベルの強いスコールが多いですが、少なくとも意味はあります。


以上、セブ島の天気の特徴、時期別の気候特徴をまとめました!
おすすめ服装も参考にしていただければ幸いです。

【セブ島あるある!】気持ちの準備バッチリ!?セブならではの変わった常識一覧集!

海外に行くと、日本では見慣れない光景や習慣に出合うことも日常茶飯事。特に東南アジアの国々ならでは、その国ならではの当たり前が多いので、心して挑みましょう。笑

旅行レベルの訪問だけでは全部は描写しにくいが、1年弱住んでおり何回か行き来している僕だからこそセブ島の常識に染まり切らず、客観的に「セブ島あるある」を文章にまとめられるかと思い記事にします^^

セブ島に住んでいる人にとっては当たり前すぎて気づかないけど、日本人から見ると馴染みのないセブ島の慣習。

セブの人々の特徴

家族ばり多い
まずは基本的に一つの家族が大きい。家族の集まりが学校の同窓会レベルの規模。
また家族絆は日本よりも確実に強め。

いとこめっちゃ多い
特にいとこが多い。兄弟が多いので叔父叔母が増え、さらにその子供の数も多いので、いとこがバリ多い。

仕事の紹介にすぐ家族を連れてくる
先日フィリピン人3人と話していて、ドライバー探してるねんな〜って言うと、3人が同時に「俺のいとこgoodドライバーやから紹介する」と言ってきた時は笑ったw

英語はほんまに全員話せる
英語は良い教育を受けていない人でもほぼ全員が話せる。
小学3年生からタガログ語の授業(いわゆる国語)以外は全て英語で行われており、自然と最低限は話せる。

3言語話せるのが当たり前
言語能力高め。タガログ語(フィリピン公用語)・ビサヤ語(セブの言語)・英語の3ヶ国語をほとんどの人が話す。ビサヤ語などはそもそも一言語のみでは描写できる幅が小さく英語で補完されるなどといった元の言語の特徴もあり。

2万円くらいが平均月収
平均月収はだいたい9000ペソ、つまり2万円くらい。大学を出た英語の先生でもそれくらい。
日本人が同じ価格を見たときに、10倍以上の高さに見えているということ。

節約文化はまずない
でも目一杯使う。貯金文化ゼロ。南国万歳。

基本的に一人暮らしは少ない

お金的に一人暮らししている人は少ないです。大体ルームシェア。
同じ部屋はもちろんのこと、同じベッドで寝ているパターンも多い。

同じネタで何回も笑う
基本的にルーティンな笑いに飽きを示さないから、笑かしやすくハッピー。笑

ダンス文化、腰振りは相当すごい
至る所で音楽なっているし踊るの好き。腰の振りは激しい。

ゲイ率高すぎ
明らかなゲイが多い。タイなどと違って手術などは高くてできないので完全男だけど化粧している人とかが多い。嫉妬深い。
どの国もゲイ率は変わらない説あるけど、そうなると日本がただオープンにしにくいだけか。

皆お腹出てる
野菜などなく基本的に消化に悪いoilyなものばかり故に。めっちゃスタイル良い女性でもお腹出ていてギャップ。
ちなみに日本人留学生たちもお腹出てくる。笑

距離感というものがない
基本的に物理的にめちゃめちゃ近い。
日本人独特の間合というものが寧ろ特殊なんやろうけど、いつもめちゃ詰めて隣に座ってくるからスリやと思っていた。

5分は30分。
基本的にフィリピンタイム。あと5分というと30分。まあこれは日本人にもいますね。
5分歩けば着くよ、はタクシー乗るべき。

政治への関心高い
これは日本人が低すぎなだけか。

大統領支持率ほんまに高い
日本のメディアを通して感じ取っていた以上に、ドゥテルテ大統領の支持率は高い。

おしゃれで髪の毛は染める
美容院にしっかり行ってオシャレに染める女性が多い。男性でもオシャレな人は多い。

まじでFacebook文化
Facebookは本当に皆使っている。セブ島でFacebookはインフラ。
そこらへんの警備員とか隙あらばFecebookで動画見てる。
Lineもちょいちょい使っている人いる。

Facebook鬼の友達申請
友達3000人以上いる〜ていう一般人とか多い。たまに知らないフィリピン人から申請くることあるな〜って思ってたら衝撃の光景を見た。
目の前でFacebookを見ていたフィリピン人が、"友達かも?"に出た人全員に鬼の連打で申請送ってた。笑 あれは笑ったww

仕事は簡単に辞める
イメージ通りやけど簡単に辞める。

やってないから下ネタ大好き
宗教的なこともあり結婚前はしない人が多い。その分口頭で発散するのかくだらない下ネタで喜んでいる人多め。

絶対、アニョハセヨと言ってくる。
セブは韓国人が多いので、どちらか見分けつかないとき、とりあえずアニョハセヨと言う。というのも、日本人に間違えられると怒る韓国人が多いけど、日本人は特に怒ることはないので、リスク軽減としてそうなっている。じゃあ何も言わなければ良いのにと思うけど、そこは何か言いたいらしい。

目合ったら微笑む
良いですね。

人としての本質は変わらない
当たり前やけど普段考えていることや、感性の大根本は日本人と変わらない。皆同じ。

交通編

クラクションやばい
まずは、東南アジア諸国どこでもあるある系。

車間の狭さ
大型トラックでも乗用車スレスレにストップするからまじ怖い。
多分フィリピン人チキンレース相当強い。

渋滞がほんまにやばい
平日朝の出勤時間と、夕方以降の渋滞はえげつなく、車での移動所用時間が3倍以上になることもザラ。

ジプニーが生活に必須な乗り物
無数に走っている乗り合いバスです。タイのトゥクトゥクみたいなもの。どれだけ乗っても7ペソ(15円)。

後ろに立ってたら0円
席がなく後ろの足踏み場に立っていたら無料。

番号覚えている
各路線を担当するジプニーには番号が割り振られ、覚えなければ乗れない。
04Lがもっとも主要スポットを結び便利。

バイクタクシーはヘルメットしないと運転手が罰金。
そこはちゃんとしていてヘルメット着用義務有り。
道路で警察がよく取り締まりしていて、バイタクが2人乗せていたり、ノーヘルだと罰金取られる。

バイタクと普通の運転手の見分け難しい
バイタクは渋滞もかいくぐれて便利だけど、普通のバイク運転手とバイクタクシーの見分けがつかない笑 見通しの良い交差点ではバイタクの運転手が待っていることが多い、ヘルメットを2つ持っている人は、バイクタクシー率高め。

57.5とかの0.5は切り上げでも下げでも良い。
タクシーなどで、0.5とかの支払い結構困りがちだけど、切り下げでも普通に受け入れられる。切り上げで払っても逆にもちろんお釣りはこない。

バイタクは事前に決める、大体言い値の半分
バイタクはメーターなどなく、最初に決めるが、あちらが提示してきた言い値の大体半分の価格でいける。

タクシーは横の4桁の番号で管理
全タクシーの車体側面に4桁の番号が振られており、ユニーク番号となっているので、覚えておくと、トラブル時など便利。

40ペソスタート絶対チェック
白タクは共通で40ペソスタートなのでしっかりチェック!騙すつもりなくてもシンプルに前の人の分をリセットし忘れているパターンもあるので。

メーター動いてるかチェック
ぼったくられないように要チェック!

マクタンにはトライシクルもあり5人乗れる
バイクの隣に人を乗せる部分あり、現地の人は5人乗る。日本人は3人が限界。

文化編

厳格なキリスト教
キリスト教信者が大多数です。
タクシーの運転手も多くの方が十字架を車内にかけており、教会の前などを通るたびに片手で十字架握り、お祈りしています。

教会通っている
厳格なキリスト教信者が多いので、毎週日曜日は教会に参拝に行く方が多いです。

ホームレスにあげる、分け与える文化強い
「持っている人が無い人に与える」助け合い精神強いので、自分たちも余裕があるわけではなくても、物乞いの方に食べ物をあげたりするフィリピン人は多いです。

逆に日本人がおごるの当たり前
上記の精神故に、よりお金を持っている確率が高い日本人が奢るのは当たり前と思っている人もややいます。

食べ物

カフェで食器とかコップとかそのまま置いておくのが普通
最初戸惑う方が多い習慣です。マクドナルドなどのファーストフードやカフェなどで自分が使用した食器やゴミなどは、返却したり捨てたりなど処理をせず、そのまま置いておきます。これに慣れてしまうと日本帰ってからイヤな奴になりそうになる笑

どこでもジョリビーがある
かわいいキャラクターがトレードマークのハンバーガーファーストフード店です。マクドと同等で、より安いので、フィリピン人に愛されてやまないソウルフードです。マクドナルドが各国でマーケットをもっとも取りきれない国がフィリピンだとか。

基本的にオイリー、ソルティ
脂っこくて、塩っけが強い。
とにかく素材の味を殺すのがデフォルト。笑

イベントごとは絶対レチョン
レチョンという豚の丸焼きはフィリピンの伝統的料理。何かイベントごとの時は大家族で集まり、豚を丸々一匹買ってきてレチョンを食べるのが一般的。豚一匹を自分たちでさばいていく。

レチョンだけは美味しい
フィリピン料理は濃すぎて日本人の口に合わないもの多めだけど、レチョンは日本人にも人気!美味しい!豚の丸焼きを塩で味付けしただけなのに美味しい。

ナイフ使わない、スプーンとフォーク
ナイフ文化はなく、スプーンを右手に、左手にフォークで食べるのがフィリピン流。
器用にスポーンもナイフの用途として使う。

脂溜まりすぎて体調崩す。

食中毒とかじゃなく、脂分お過剰摂取で体調崩し気味の人多い。

スタバはシロップが有料20ペソ
スタバのアイアコーヒーのシロップは有料で20ペソです。割と取る。Regularサイズで2ポンプで結構甘め。ホットの砂糖は無料で使い放題なのに。

スイーツ少なめ
セブは結構いろんな種類のグルメが多いけどスイーツは少なめ。あまりスイーツ文化ない。

アメリカン料理多い
アメリカ文化も色濃いので、ジューシーなアメリカン料理多いです。
韓国 台湾料理も多い
韓国人留学ブームが開拓したエリアなので、韓国料理は非常に多い。あとは韓国人・台湾人は新たな味求めるよりも、自分たちの慣れしたんだもの食べたがるので、より一層韓国料理や台湾料理は多い。

日本料理もラーメンも増えてる
最近本格的な日本料理やラーメンも増えてきています。価格は日本と同等レベルでセブで激高ですが、クオリティも普通に日本レベル!

セブイレのアイスは15ペソ

セブンイレブンも至る所にありますが、レジで買える大きなソフトクリームは15ペソ(30円強)

街編

排気ガスで空気が汚い
空気は汚い。マスク欲しい。排気ガスと砂埃で地元の人でも結構マスクつけてる。

ネズミがばりでかい

普通の道にたまにネズミがいるけど、めちゃめちゃでかい。手の平サイズ以上。

常に工事中

セブ島の発展具合が身に染みるが、行くたびに新しい建物が立っており、新しいものができている。基本的に常に工事中だらけ。

犬がいる
街のそこら中に犬がいるが、基本的に大人しい。インドの犬とは違う。
基本的に人間恐れているので近づいてこない。
縄張りに入らない、戦闘態勢に入っている犬に近づかない、だけ留意すれば問題なし。

鳥もいる
大体家の前で鶏が買われている。綺麗にコケコッコーと泣いている。

地元の人は良く犬にシーと言っている
犬を追い払う時、シーっと言う。大体どこかに行く。

大体舗装されておらず歩きにくい
歩道の道は良くないです。大きな道路に関しては車道は割と整備されている。

itや周りとの差がすごい
世界中のIT企業のオフィスがある区画ITパークとその外の雰囲気の差がすごい。
上品な高級ショッピングモールのすぐ隣にホームレスも一杯いる廃れた道になっているので、基本的にセブはギャップが激しい。

1本の道でつながってるから地図読みやすい
1本の道が主要地を繋いでおり、割とセブ島の地図は見やすい。

その他

酒 マッサージ ガソリンが安い
基本的に物価安いが、特にお酒とガソリンによる移動代が安いので生活しやすい。あとはマッサージがコスパ最強。

クリスマスが9月から準備
キリスト教が主流ということもありクリスマスは盛大で9月くらいから街中やモールで準備が見られる。笑

クリスマスと年越は花火
クリスマスと年越しは盛大な花火が打ち上げられ、日本で正月にできない規模。 

まじで冷房強い
フィリピン人は微調整などしないので、基本的にクーラーMAX。室内や移動中非常に寒いことが多く長袖必須。

従業員ほんまに多い。

大型、小型どんなお店でも従業員が超多い。1/10の数の日本人で同じ生産性出せる。でも人件費も10倍か。

1000ペソなどは受け取ってくれない
1番大きな通貨1000ペソや500ペソはタクシーはもちろん、ショップなどでも使えないこと多い。本当にお釣りがないor計算が面倒で受け取ってもらえないので、セブでは小銭は常に保持しておくことはmust。

Wi-Fiにムラがある。人数増えると厳しい
WiFi強い場所は強いが基本的にムラがあるのが困る。日によって大きく通信状況変わる。カフェとかのWiFiの強さは利用人数で大きく変わる。

24時間営業の場所でも平気で2時くらいに追い出される
24時間営業の店でも人がほとんどいなくなったら割と追い出されることある。


ジャンルごとに分けた、フィリピンならではのあるある、当たり前をまとめました!
特にこれから留学などで中期生活を行うという方は、色々と気持ちの準備をしていきましょう! 理解して行く楽しいことばかり。

宅建テキスト!宅地建物取引士試験のおすすめ参考書/問題集まとめ

f:id:fuuujikko:20170718110040j:plain
宅地建物取引士試験は簡単ではありませんが、独学でも知識ゼロから3ヶ月で合格することは可能です。
但し、もちろん最適な勉強方法で進める必要があります。その最適な独学勉強方法の中の大きな要素が参考書/問題集などのテキスト選びとなります。

参考書と問題集に分けて、それぞれ厳選したおすすめのテキストを紹介していきます。

宅建試験とは?という概要や独学勉強方法の詳細については、下記記事にまとめていますので、ご参照ください。

[注意点]宅地建物取引士試験のテキストの使い方

いくら不安だからと言っても、テキストを何冊も行うことはやめましょう!
宅建は世に出回っているテキストの種類も多いですが、内容に大差はありません。
間違いのない参考書であれば、どれも主に書いている重要な事項は同じで、どういう進め方の本が1番自分にしっくりくるのかだけです。自分を安心させるために何冊も行うのではなく、とにかく一冊の内容を完璧にしましょう。

問題集も二冊ほどで十分です。問題集においても、重要な出題形式や内容は半分以上重複していますが、宅建は一つの事象に対しての出題パターンが多いので二冊くらいはやる価値あります。
完璧に詰めていければ、対応できるニッチな問題パターンを増やすために、もう一冊に進んでも良いですね。

絞る必要があるからこそ最初の参考書と問題集選びは非常に重要です。
やってみて自分に合わないなとすぐに気づけば、序盤で他のテキストに変更するのはアリだと思います。

厳選!宅地建物取引士試験のおすすめ参考書

まずは宅建のおすすめの参考書から紹介していきます!
種類自体非常に多いですが、その中でも全体をしっかり網羅したおすすめ参考書はいくつかに絞られます。厳選したテキストを紹介していきます。
基本的に人気が高いテキストは決まっておりますので、そのそれぞれの特徴を述べます。

f:id:fuuujikko:20170718110123j:plain

①:TAKKEN士


価格:2800円
ページ数:700ページ

真っ黒な表紙にカラフルなアルファベット文字で[TAKKEN士]と書かれた奇抜な見た目のテキストです。
700ページありますが、各章を別冊として取り外すことができ持ち運びにも便利です。

要所要所で重要部分を枠で囲んだり、デザイン的まとめ方・構成が分かりやすいです。
イラストも適度に混ざり、文字が苦手な方でも読みやすくなる工夫が施されています。
ここ2.3年くらいに人気急上昇中ですね。

問題集や過去問集などの付属シリーズも出ており、それぞれクオリティも高いです。

②:スッキリわかる宅建士テキスト+過去問スーパーベスト

価格:3000円
ページ数:800ページ
スッキリシリーズは昔からの人気テキストです。
参考書として550ページと、問題だけで250ページもついており、しっかり問題形式としても理解することができます。
コスパ非常に良いです。
参考書と問題集は取り外せるので、分厚い問題もマシになります。

特徴は各ページの外側1/5ほどの枠が用語説明に使用されており、とても便利です。普通にしれっと使ってくるテキストが多く、前提知識もない業界外の人間にとっても易しいです。

③:初心者にも超〜わかる!らくらく宅建塾

価格:3000円
ページ数:500ページ

名前の通り、説明は非常に丁寧です。その割には特別にページ数も多くはないですね、単元として出題頻度の少ない項目はカットして、徹底的に無駄な要素を省いています。

イラストなども多くあり、なかなか複雑な宅建業に壁を作ることなく、学習に取り込める良いテキストです。

④:具体例で超〜わかる! マンガ宅建塾

ページ数:250ページ

正直これをメインテキストにしようと思うと、これじゃ参考書としては足りないですね。足りなさすぎますね。

但し、宅建とは何をするものか?という概念的な読み物、全体像把握、最初のモチベアップには非常に良いです。

金銭的余裕があれば導入編として読むのはありです。

ストーリーとしての出来はなかなか良く、勉強嫌いな人でも宅建学習に入りやすいテキストです。

⑤:どこでも宅建士 とらの巻

ページ数:500ページ

③のらくらくシリーズと内容は似ています。
らくらくよりは説明はやさしくないです。
イラストも使って各単元に割く比率や内容も類似しているが、 とにかく表紙がダサい。表紙に本物のトラがいるってなんか勉強する気なくす 個人的感想。笑

虎を見て燃えてくる人には良いかもしれない。笑

⑥:パーフェクト宅建 基本書

価格:2800円
ページ数:700ページ

ページの右側に枠を設け、詳しく用語解説をしてくれていることは分かりやすいが、それ以外デザイン的見た目は見にくいです。

内容は良いのですが、勉強嫌いには厳しいでしょうね。かなり的確に広範囲のポイントを抑えているので、しっかり読めば内容は良いが、読みにくい。。

最初に単元別の非常に詳細な分析を載せててそれはグッドです!各単元の出る項目の概要と頻度などまとめて記載してくれているの、一読の価値あり。

厳選!宅地建物取引士試験のおすすめ問題集

f:id:fuuujikko:20170714234607j:plain
次に、問題集を紹介していきます。
各人気参考書を出している機関が、関連する類似した問題集を出しているパターンも多いです。たくさんありますが中でもおすすめ度が高いテキストを特徴別に紹介していきます。

基本的に宅建の問題集は過去問を基に改変したもの、過去問から抜粋した問題を掲載しているテキストばかりです。

参考書の①で紹介した問題集「わかってうかるTAKKEN士 過去問ベスト300」(2500円)は1ページに見開きで左に問題、右に解説というスタイルです。なんと!1ページに1問という超丁寧な解説ぶりです。参考書変わりとしても十分に活かせます。

過去問宅建塾弌・弍・参はそれぞれ各1800円で、過去問の中から良問を集めたテキストです。本当に出やすい問題、軸となる問題ばかりが単元ごとに集められているので、再現性、汎用性が高い問題ばかりです。範囲としては10年以上前の問題からも抽出されております。それぞれ単元ごとに3冊分かれているので価格は高いですが問題パターンは豊富な良書。

過去問系の紹介

f:id:fuuujikko:20170718110208j:plain
次に過去問テキストも紹介します。問題集も過去問をベースに抽出しているとは言え、実際の過去問形式で解いていき全体を俯瞰的に見られるようになること、実際のテスト耐性をつけることなどのため、過去問に取り組むことは必須です。

良い過去問は何故か基本的に全て12年分のものばかりです。何か明確な理由があるのでしょうか?
『スッキリとける宅建士 過去問コンプリート12』はスッキリシリーズの過去問版で、参考書同様に分かりやすいです。解説含めもっとも見やすいので個人的に1番好きです。
過去問ともなるとどれも解説が問題集ほど丁寧なわけでもなく結局内容に大差ないです。故に過去問は自分の見やすさ・取り掛かりやすさで選んで問題ないと思います。

『TAKKEN士過去問12年』は真っ黒な表紙にカラフルのアルファベットのTAKKENシリーズです、解説がそれぞれ本参考書と連動もしているので、合わせて使うのに抜群に良いです。過去問としての利用だけでも十分分かりやすく良いですが。

『宅建士の12過去問題集』は問題解説2分冊となっている過去問+問題集要素を含むテキストです。12年分の過去問の問題を掲載していることは変わりありませんが、1年ごとに掲載ではなく、全てを混ぜ12年分の本試験問題を易しい順に掲載しています。ボリュームあり人気ではありますが、汎用性は良くないと思います。それなら普通の過去問で試験形式ごと慣れていくことをおすすめします。
過去問を解くだけだったらwebでもできますが、解説はないです。


参考書、問題集、過去問それぞれ自身の特性・用途に合ったものを選びましょう!




必見!旅行業務取扱管理者資格のおすすめテキスト【2017年最新版】

f:id:fuuujikko:20170714233641j:plain
旅行業務取扱管理者試験に向けて、最適な勉強方法で進められれば、独学でも3ヶ月で合格することは全く夢ではありません。
最適な独学勉強方法の中の大きな要素が参考書/問題集などのテキスト選びとなります。

参考書と問題集に分けて、それぞれ僕が実際に触れてみて厳選したおすすめのテキストを紹介していきます。テキストは毎年更新されていますが、2017年版テキストにて比較しております。

旅行業務取扱管理者試験の資格とは?という概要については、下記記事にまとめていますので、ご参照ください。


独学での必勝勉強方法の詳細プロセスについては、こちらの記事にまとめています。

[注意点]旅行業務取扱管理者試験のテキストの使い方

まず注意点として、テキストを何冊も行うことは厳禁です!
言うてしまえば、しっかりとした間違いのない参考書であれば、どれも主に書いている重要な事項は同じで、どういう書き方の本が1番自分に合うのかだけです。自分を安心させるために何冊も行うのではなく、とにかく一冊の内容を完璧にしましょう。

問題集も同様ですが、一冊を完璧(解説含め97%以上理解)にできたら、対応できるニッチな問題パターンを増やすために、もう一冊に進んでも良いですね。問題集においても、重要な出題形式や内容は半分以上重複しています。

故に最初の参考書と問題集選びは本当に重要です。
やってみて自分に合わないなとすぐに気づけば、序盤で他のテキストに変更するのはアリだと思います。

厳選!旅行業務取扱管理者試験のおすすめ参考書

まずはおすすめの参考書から紹介していきます!
種類自体もまあまあありますが、その中でも全体を網羅したおすすめ参考書はいくつかに絞られますので、厳選して紹介していきます。

個人的な1番のおすすめテキストを先に述べると、「①:スラスラ覚える 国内・総合旅行業務取扱管理者 一挙合格ゼミ」を主軸テキストとし、観光地分野のみ大原発行の⑤:旅行業務取扱管理者 国内総合 対応テキストの[観光地理版]を活用。

f:id:fuuujikko:20170714233838j:plain

①:スラスラ覚える 国内・総合旅行業務取扱管理者 一挙合格ゼミ

発行者:トラベル&コンダクターカレッジ
ページ数:約500頁
価格:2500円(以降、記載料金は全て税抜です)

②のU-CANと並んで、非常に良い参考書です。
要所要所で重要部分を枠で囲んだり、デザイン的まとめ方・構成が分かりやすいです。
イラストも適度に混ざり、文字が苦手な方でも読みやすくなる工夫が施されています。

内容は必要重要項目はもちろん全て0から10まで網羅しています。
各章ごとに実際の試験形式の問題がついており、各単元の出題形式のイメージつきやすく、学習をより加速させられます。
これで重要ワードや旅行業の概念そのものを把握して、問題慣れしていく進め方が一番効率的で早いです。

また、②との共通点にもなりますが、どちらの冊子も冒頭で講師の紹介から始まり、各講師が教えている風に進んでいきます。実際に進めてみると授業を受けてるみたいな感覚で頭に入りやすくなるので、このスタイルはなかなか良いです!
案外ノイズにはならないです。


1点だけ難点もあります。第3章国内旅行実務・第4章海外旅行実務の中の大きなウエイトを占める観光地分野だけ非常に分かりにくいです。 各県、各国の観光地を羅列しているだけ。

②:U-CANの旅行業務取扱管理者

発行者:U-CAN
ページ数:約650頁
価格:2800円

①スラスラ覚える編と大枠は似ており、堅苦しくなく読みやすいです。
各項目の要点が分かりやすいです。

特徴は各ページの外側1/5ほどの枠が用語説明に使用されており、とても便利です。普通にしれっと使ってくるテキストが多く、前提知識もない業界外の人間にとっても易しいです。
例えば、「過剰予約とは何か?」みたいな言葉の意義やどういった状態なのかをしっかり説明してくれています。

650ページで①より長い理由は、基礎部分の説明がより丁寧ということにあります。
選択基準としては、より早く進めてより多くのパターンの問題に触れていきたいと思う人はスラスラ、一方最初の導入部分をより丁寧に理解して進めたいという方はU-CANを選ぶといった感じになります。

観光地領域に関しては、各観光地の説明と簡易的な地図付きなのでイメージがしやすいです。実際に出された問題の紹介もあり、暗記作業に入ってしまう前にゴールを明確にイメージしておけることは強いです。

③:旅行業務取扱管理者 総合・国内テキスト&問題集

発行者:JTBトラベル&ホテルカレッジ
ページ数:約680頁
価格:2800円

②U-CANと同じページ数ですが、紙質の問題かダントツに分厚いです。
書いている内容自体は上述しているテキストと大差ないですが、まとめ方は大きく異なります。

枠やボックスなども少なく単調に文章が進んでいき、とにかく赤字が多いです、稀に1ページの中で半分くらい赤字みたいなとこもある。
JTBということで信頼のブランド力はあるが正直見にくい。

あとテキスト名に問題集と書いている割には、問題集要素は少ない、各パートの最後に少し入っているだけ。 参考書としては内容は充分不足ないです。

④:この1冊で決まる!!総合旅行業務取扱管理者 テキスト&問題集

発行所:トラベル&コンダクターカレッジ
価格:1500円

①と一緒のトラベル&コンダクターカレッジが発行している旅行業資格テキストです。なぜ2個だしているのかはよく分からないですが、250ページほどしかなく内容的に不足は多いです。

「この1冊で決まる」のはさすがに難しい。
何か1冊別の参考書を完璧にして、それで時間があり、もう1つ再確認したい時などには良いです。これを主なテキストにするのは厳しい。

JTBのと同じく問題集要素は特にない。
資格的には見やすいので、本当に勉強嫌いだって人はここから初めてみて、他の参考書にうつってみるのも良いですね。

⑤:旅行業務取扱管理者 国内総合 対応テキスト

発行者:大原
ページ数:約200~250頁
価格:4冊に分かれ、各1500円

下記の4冊に分かれ、各1500円です。

①観光地理
②旅行業法・約款
③国内旅行実務
④海外旅行実務

1つ200〜250ページ(観光地理だけ300ページ)で持ち運びがしやすく便利なのも良いですね♪ ただ合計値段としては高い。

デザイン的なまとめ方は工夫なく、とにかくシンプルだが、説明文だけでも分かりやすく進められています。それぞれの事柄の関連や要因が分かりやすい。

あと何より観光地理は全テキストの中でももっとも充実しております。各都市の重要な観光地・テストに出る文化やその他項目などをしっかり抑えて、イメージが湧くよう詳細の説明も入れつつ、分かりやすい地図もこまめに設置されております。これが何で必要なのか?という意図など、暗記するだけでなく理解させようとしてくれている

スラスラ覚える編などを軸としつつ、観光地理分野だけ大原のテキストも購入して学習するというスタイルはわりと人気です。

⑥:やさしく学ぶ総合旅行業務取扱管理者

発行者:トラベル&コンダクターカレッジ
ページ数:約350頁
価格:2600円 またまた①と一緒のトラベル&コンダクターカレッジが発行しているテキストです。

かなり易しく説明しています。イラスト豊富で最初の概念の理解は非常にしやすく、読み物のようにスラッと読めちゃいます。
真の勉強嫌いな人には良いですが、一冊の参考書としてはやや不足要素あり。

特に観光部分は意味ないレベルに薄い。国内旅行実務などの計算部分は説明薄すぎですね、 勉強嫌いな人用だから意図は分かるが簡易化しすぎな気が、、

⑦:国内・総合旅行業務取扱管理者ウラ技合格法

最後はやや特殊なテキストです。
今まで紹介した主流6冊のような基礎から旅行業試験の内容を解説するテキストではありません。
タイトル名の通り、旅行業試験で点を取るためのノウハウスキルを記載した、全然本質的ではない本です!笑

例えば、「"必要はない" ときたら、その選択文は×である可能性がほとんど。」みたいな。 当たり前っちゃ当たり前、だけど言語化して表現されると、改めて納得。

問題を見て法則で解けるものが増えれば、スピードも上がるからたしかに良い。
但し、別にこのテキスト見なくてもしっかり自分で問題数をこなしていば、自分で分かる、行き着くことが多い、逆にそれ以上のことはない。
金銭面が許せば。面白い本だから熟読というよりは1度目を通すことはおすすめ、

厳選!旅行業務取扱管理者試験のおすすめ問題集

f:id:fuuujikko:20170714234607j:plain
次に、問題集も厳選して良テキストを挙げていきます。
各人気参考書を出している機関が、関連する類似した問題集を出しているパターンも多いです。特徴別におすすめテキストを紹介していきます。
参考書代わりにもなるレベルの解説の充実さで、圧倒的に「ⅰ:U-CAN問題集」が個人的にはおすすめです。+α実戦形式の過去問数年分でok。

ⅰ:U-CANの旅行業務取扱管理者 総合 過去問題集

発行者:トラベル&コンダクターカレッジ
ページ数:約400頁
価格:2600円

見開きで左が問題、右が答えという構成で、1ページに問題は2問。 解説たっぷりで、参考書の延長として利用できます。
解説内容も非常に分かりやすく、大前提も抜かさず説明してくれるので初心者でも分かりやすいです。

基本的には全て過去問を基に作られていますが、 過去問そのまま引用っていうよりは、少し改修されている問題が多いです。

参考書同様にやっぱり地理だけが分かりにくい、、、穴埋めとなっているので、暗記を行うツールとしてはバッチリだが、実際のテストの出題傾向には合わせづらい。 

ⅱ:総合旅行業務取扱管理者 過去問題集 TAC

発行者:TAC
価格:2600円

こちらは過去問です。過去問も絶対に取り組んでおくべきですが、過去問自体はNETとかで探せば実施はできます。但し基本的に解説がありません。

TACの過去問集は直近5年分の過去問が収録されており、全過去問集の中で確実に1番活用できるでしょう。
×の選択肢に対してもしっかり解説がついており、過去問を通じて学習理解を深められます。
国内版の過去問も5年分収納されており2200円です。

ⅲ:旅行業務取扱管理者試験 総合テーマ別問題集

価格:3000円

各章の出題パターンの攻略に重きを置いているので、傾向の話が多いです。
冒頭で説明がされている各単元の特徴・対策方法も見ものです。

問題部分だけで400ページあり、逆に解説は100ページほどで薄いです。
ただ解説で理解させるテキストというよりは、とにかく最初に説明した傾向通りの問題を多く体験させて、傾向ごと体に覚えさせてくれるような問題集です。

回答解説部分は別冊となっており取り外して使えるのは非常に便利ですね。
これはある程度基礎は理解できた上達した人用の数をこなすための問題集です。参考書代わりとはなり得ないですね。

ⅳ:旅行業務取扱管理者 国内総合 問題集

1000円で100ページほど。
ひたすら問題があり量は多いです。
解説は後ろにまとめてあり、

各問題にチェックボックスもついており、学習のしやすさに工夫はされています。
時間に余裕があれば、安いので、ある程度力が固まった後に買ってみて、新しいニッチな問題パターンへの対応を増やしておくという使い方など良いですね。



参考書/問題集どちらも総合版に重きをおき解説しましたが、大体それぞれ同書式で国内版もあります。国内の学習も総合版テキストでやっても別に差し支えはないし、割と一般的ですよ。ほんの一部だけでする必要ない箇所が含まれてるからスルーするだけです。

個人的な意見も含みましたが、それぞれの特徴・用途に合ったテキストを選んでいきましょう!




【必見】フィリピン語学学校を徹底比較!セブ島のおすすめ学校はココ!

f:id:fuuujikko:20170712225043j:plain

第二公用語になっているほどでほぼ全員が英語を話せる、アメリカ英語寄りで訛りが少ない、生活しやすい、そして何よりとにかく安いという面で、近年右肩上がりで人気上昇中のフィリピン留学です。

フィリピン留学とは言え、ダバオやマニラなど留学エリアは複数ありますが、中でも圧倒的に人気なセブ島留学に特化して紹介していきます。
留学生数・語学学校数ともに圧倒的な多さです!
セブ島で留学エージェントとしても働いていた僕が実際に自分の足で全て回った語学学校を、個人の観点で贔屓目なしで紹介していきます。(留学生としてもセブ留学しておりました。)

語学学校選びの重要な判断基準

f:id:fuuujikko:20170712225023j:plain
まず無数にある語学学校から自身が行く一つの語学学校へ絞っていく上での、大きな半田基準として3つの項目を持っておくと分かりやすいでしょう。

・日本資本or韓国資本?
・セブシティorマクタン島?
・スパルタorセミスパルタorノンスパルタ?

全てに共通することは基本的に全寮制です。学校だけに通うというコースはなく、学校と併設になっている寮or学校が提携している外部ホテル寮への宿泊と授業料がついて留学費用となります。

・日本資本or韓国資本?

セブ島は元々韓国人留学生により語学学校が栄えたので、今でも日本人よりもわずかに韓国人留学生の方が多いです。そして学校の種類自体が旧来から広がる韓国資本の学校と、比較的新しめの学校が多い日本資本系列に分かれます。もちろんどちらの学校にもどちらの国籍の生徒も通います。
大きな特徴の違いとしては、
 韓国資本の方が多国籍で日本人比率は圧倒的に少ない。
 日本資本の方が日本人マネージャーなどの数多く、サービスの安心感強め。
 韓国資本は日々の料理が基本的に辛めなので繊細なな人には厳しい。

・セブシティorマクタン島?

セブは、「セブシティ」とリゾートエリアが広がる「マクタン島」という大きく二つのエリアに分かれています。島とはいえ、セブシティとマクタン島は2本の橋により陸続きで繋がっておる、車で40分ほどです。空港があるのもマクタン島、アイランドホッピングなどへ出発する港もマクタン島にあります。
両方に多くの人気語学学校がありますが、大きな違いとしては、
 シティの方が周辺に大型モールやコンビニがあり便利。
 マクタンは周辺にあまり店が無い代わりに、寮内で完結できるよう設備はより充実しています
 マクタンは元々リゾートホテルだった場所を居抜きしたものが多く常に海を見ながらリラックスしながら勉強できる。
 マクタンの方が遊び感覚で来ている人はやや多い。
 寮内はどちらも安全だが街中自体はマクタン島の方が危険度高い。ギャング多い。

・スパルタorセミスパルタorノンスパルタ?

 フィリピン留学の圧倒的な強みの一つとしてあげられるのが、詰め込み型授業です。英語学習に触れられる時間が欧米諸国とは比べ物にならないほど。講師の人件費の安さ故ですね。朝から晩まで授業や授業外で英語学習に励めるスパルタ学習が本気で英語を勉強したい人にとっての魅力の一つとなっています。
基本的に他の国より英語学習をする時間は長いですが、学校によってスパルタ度合いのランクが変わります。目標と自身の特徴に合わせて度合いを決めましょう。

スパルタ校・・毎朝強制の単語テストあり。平日は放課後も外出禁止。などがっつりルールも決められており、だらけそうになってもさぼれない仕組みがあります。特に短期で詰めていくならおすすめです。半年とかいく人はあまり多くないです。外出禁止を謳うだけあってシティの学校でも寮内にジムやカフェなど割と設備整っています。

セミスパルタ校・・毎朝の単語テストなどはあるがしっかり勉強をしていれば取れる基準点を取っておけば、特に外出禁止などのルールを設けられることはありません。やることをやっておけば、ある程度各々の裁量に任すよスタイル。ゆるすぎず、厳しすぎず、一番人気ではありますね。

ノンスパルタ校・・朝の単語テストや授業外時間に関してのルールなど一切なし。各々のペースに任せて学習を進めていきます。課外英語学習ということで平日でも毎晩飲みに行っている人も多いです。

授業の内容やクオリティ自体は変わらないです。先生やスタッフの厳しさも変わらず、あくまで制度の違いです。

セブ島おすすめ語学学校の比較

f:id:fuuujikko:20170712225250j:plain


上記で挙げた3つの大きな判断軸のどれに該当するかも触れながら、
早速おすすめの語学学校10個を紹介していきます。
全て実際に自分が足を運んだ中から、おすすめの上位11個を選んでいます。
※点数はあくまで主観的意見です。5点満点中。
  アクセス・設備・授業内容・サービス・食事などあらゆる側面を考慮して。

CIA 5点

【韓国資本・セブシティ・セミスパルタ】
長い歴史と経験のある学校で、きれいさ、授業の質、サービスのバランスが非常に良いです。韓国基本ですが食事やカリキュラムなどを含めて日本人へのサポートも大変充実していて、日本人からも超人気。日本人比率は30%ほどで生徒は多国籍です。
大学のキャンパスのような雰囲気が特徴的です。

平日毎朝行われる英単語テストで基準点に満たない場合は当日の放課後は外出禁止。

2013年に移転したばかりで設備は綺麗で、シティ中心よりはやや東側にありますが、ショップ・コンビニ・レストランが学校から徒歩圏内でとても便利。
プール、ジム、バスケットコート、野外テラスなども寮内にあります。

Target 5点

【日本資本・セブシティ・セミスパルタ】
圧倒的な強みは、料理の質と初心者に安心のカリキュラム。
日々のパフォーマンス管理として料理へのこだわりを強く持っており、本格的な日本人シェフも導入しているほどで、日本人が好む料理の彩りの勉強などもさせるため社長自ら毎月シェフ達を高級レストランに連れて行っているという本気ぶり。実際のクオリティはダントツ一番です。

また初心者向けにも対応と唄っている学校は多いですが、ここは初心者が英語を好きになる、話せるようにするための体系的なカリキュラムが整っています。複数の日本人スタッフ常駐で英語の授業だけでは解釈しきれなかった文法などは日本語での補足も受けられます。また講師の教育にも力をいれており、教育制度整っております、何より離職率が圧倒的に低い!素敵✨

校舎の綺麗さや設備は普通ですが、そういったハード面ではなく授業内容や講師の質などの本質的なソフト面にこだわっている良い学校です。
校舎の位置自体は田舎っぽい細い路地にありますが、最大のショッピングセンター「アヤラモール」・「ITパーク」の両方から10分圏内なのでアクセスまあまあ良。日本人比率は70%くらい。

SMEAG capital校 4.5点

【日韓合同資本・セブシティ・セミスパルタ】
SMEはセブ島で最大規模の語学学校です。
500人規模キャパの校舎を3つも有しており、中でもcapital校はTOEIC・TOEFLなどのテスト対策がかなり強いです。
セブ内でのTOEICの正式な試験会場となっているほどで試験に関する有力な講師たちも多く集まっております。テスト対策でいきたい人は超おすすめ。
もちろん通常のESL(英会話)コースの人にもおすすめで、一コマだけTOIECの授業をいれられたりというアレンジも可能です。

学校と寮が一つの建物に入っており規模はすごいです。建物内になんでもあります。カフェのオレンジジュースが美味しい。なんとマッサージまであります笑
さらに日々の食事はブッフェ形式なのですが、日本風仕様と韓国風仕様の2種類に分けて用意されております。

伝統深く独自のノウハウも厚いので授業内容もクオリティ高いです。capital校はシティ中心よりやや北側にありますがまあまあアクセスも良です。日本人比率は40%くらい。

3D Academy 4.5点

【日本資本・セブシティ・ノンスパルタ】
なんと言ってもコスパが最高。
セブの語学学校でももっとも安いレベルの学校です。
それでもってこのサービスはお得さすごい。無料WiFI全館設置・複数の日本人スタッフの手厚い面談・定期的な医師の学校訪問・食べやすい料理。あとは授業内容も面白く、ワーホリ対策用や世界一周対策用といった単発のコマも用意されております。そのシチュエーションで使用去れ得る内容に特化して学び、直ぐのアウトプットを見込んでいます。

校舎から道路を挟んだ真向かいに2017年にできたばかりの新寮は建物自体新築で真っ白な洗練された作りで清潔感すごいです。
また優しいスタッフが多いこともあってか、アットホーム感の強い学校です。
セブの交通の起点の一つとなっているJYモールと併設しておりアクセス最高です。
校舎のすぐ隣にはジョリビーや本格ラーメン屋があり、直ぐ近くにも人気レストラン多いです。何よりITパークにも徒歩圏内。
日本人比率は70%ほどでその他は台湾人・韓国人以外にもベトナム人も増えているそう。JYモール内のジムへかなりの割引価格で行けちゃうのも魅力的です。

Philinter 4点

 【韓国資本・マクタン島・セミスパルタ】
リゾート地マクタン島の設備充実で過ごしやすい老舗人気学校です! マクタン島でも海側ではなく、内側なのでシティ中心までも20分ほどで行けます。
日本人40%、韓国、台湾、ベトナム、タイ、中国、モンゴル、最近ではスペインやポーランドからも集まるという国際色豊かな雰囲気が特徴。
校長が日本留学経験ありなので日本人への配慮も強く、日本人に人気です。
韓国資本なのに韓国人留学生が少ないことも特徴的です。意図的に日本人留学生へのマーケティングの方に注力されているそうです。 韓国人の方が繊細で気が強くクレームや、酔った後の粗相など確率的には多いので、、気持ちは分かります。。

EV Academy イー・ブイ アカデミー 4点

 【韓国資本・セブシティ・スパルタ】
上質な施設、快適な環境、充実した学習スタイルのスパルタ校の代表校です。
整備された心地良い環境でとにかく英語の学習に専念できます。

EV Academyの校長はフランス人で、そのため寮の各部屋にはそれぞれ異なった絵画が飾られ、校舎内のインテリアやキャンパス内のガーデニングにも手を抜おていないヨーロッパならではのアート感が溢れています。

毎朝単語テストや起床は強制です。平日外出できない分、施設内アクティビティが充実しており、学校の施設もきれく充実しているのでストレスを感じることなく生活できます 。テラス真ん中にプールもあります。
タイトな授業スケジュールで詰めて英語学習を進められるので、とにかく詰めて英語学習に専念したい人には最高な学校です。
日本人比率は30%ほどで、韓国人が1番多いですが、ロシア・サウジアラビアなど珍しい国の人々も見受けれます。

QQ English  ITパーク校舎 4点

【日本資本・セブシティ・ノンスパルタ】
日本資本のセブ島語学学校で最大規模のQQ Englishです。
英語学習においての最大の特徴は、オンライン英会話の充実と、独自のカランメソッドというカリキュラムです。

QQ Englishの講師によるオンライン英会話との連携があり、英語力維持にも使用されています。 逆にオンライン英会話から入ってくる人もいるので画面越しで教えてもらっていたお気に入りの先生を現地で指名することもできます。
カランメソッドというイギリスで開発されたカリキュラムもセブで唯一の認定校として提供しています。

ITパークの中に位置し、超最高で便利なアクセスである反面、遊びに行きやすいからか遊びの風潮は強いです。バッチメイト(同じ週に入学した生徒達)で仲良くなり結構平日でも休日でも皆でお出かけしています。大体飲み屋に行くと、QQ Englishの誰かはいます。笑

QQ English  シーフロント校 3.5点

【日本資本・マクタン島・ノンスパルタ】
同じくQQ Englishのマクタン島にある校舎です。
オンライン英会話・カランメソッドなどの英語学習の特徴はITパークと変わらずですが、学校の雰囲気は結構変わります。元々リゾートホテルだった建物をそのまま校舎と寮として使用しているので、風通しも良く非常に過ごしやすいです。

元気で活発な若者が目立つITパーク校と生徒層は異なり、子連れの親子留学などにも人気です。

C2 3.5点

【日本資本・セブシティ郊外・(セミ)スパルタ】
セブシティ郊外に位置するタランバンという街にあるアットホームな語学学校です。
シティまでも30分ほどなので週末は全然遊べに行けます。
セミスパルタの中でもスパルタ寄りで、毎朝の単語テストなどもあります。元々勉強に集中したいという層の生徒が多く集まっており、かなり勉強はしやすい環境です。

中型スーパーなどは徒歩圏内にあるので、生活に困ることはありません。
先生も非常にフレンドリーな人が多く、シャイな日本人でも非常に馴染みやすい100人以下規模のアットホームな学校です。

JIC 3点

【韓国資本・セブシティ・セミスパルタ】
2大ショッピングモール「アヤラモール」と「SMモール」の間に位置するアクセス良の学校です。
英語を嫌いにならない学校の雰囲気ということを重視しています。優しいスタッフさんが多く100~200人規模の学校の割にアットホームです。また自習室に常駐しているライブラリーマネージャーがおり、日本語で勉強の質問もできます。 英語初心者への対応が上手な講師が多く超初心者向けのSuper Basicコースもあり英語に自信の無い方でも安心です。
バスケットゴールもあり日々多くの多国籍な人々が交流を行なっています。
あとシャワーの水圧が強いと評判で、また珍しく6人部屋があるのでかなり安くなります。

NILS 3点

【日本資本・セブシティ・ノンスパルタ】
QQ English同様に多くの飲み屋があるITパークの中にあり、遊びの雰囲気は強いです。学校の拘束もほぼなく自由を唄っているだけあって、英語学習のカリキュラムに対しても自由にアレンジを加えてくれます。
イケイケな生徒が多いです。先生もイケイケな人が多く、良く先生と生徒で飲みに行っています。
またセブ島でほぼ唯一レベルでNILSは寮内での飲酒が許可されております。寮の屋上も解放されており、良く平日からも飲み会が行われております。

3白4日のセブ島旅行モデルコース!絶対に外さない大満足体験!

f:id:fuuujikko:20170702164743p:plain

セブ島旅行に行くが何をしたら良いか分からないという方も多いと思います。絶対に外さない理想のセブ島観光モデルコースを紹介します。

セブ島ならではの魅力、セブ島が誇る観光コンテンツを全て詰め込んだプランニングです。これだけ抑えていたらあなたもセブ島観光マスターです♪

1日目:市内観光を中心にセブのディープさを味わう♪

まずは初日の昼過ぎくらいにセブ・マクタン空港に着き、セブ市内へタクシーで向かいましょう。1日目は市内の歴史スポット・東南アジアならではのディープスポットをとことん味わい尽くしましょう^^

『Bucket Shrimp』で濃厚ガーリックシュリンプを鷲掴み

f:id:fuuujikko:20170227213556j:plain
まずセブ市内に着いて、遅めのランチを楽しみましょう。
フィリピンのロカール感を味わいながら、美味しくグルメも味わえる『Bucket Shrimp』でいきなりセブ島グルメのコスパの良さを体感しましょう。
海に囲まれているセブ島ではエビも人気フードです。
バケツの中に入った大量のエビに驚きつつも、両手にビニール袋を装着して濃厚なガーリックシュリンプを鷲掴みで食べていくと、もう止まりません。笑 濃厚なのにしつこくない後味でヤミツキになります。スパイシー味もあり人気。
ローカルスタイルで、一気にフィリピンに来たことを実感できる日本人旅行者にも人気のローカルレストランです。ITParkの入り口目の前にあるので、アクセスも◎です。

セブ島に欠かせない3大歴史スポット

f:id:fuuujikko:20170708180558p:plain
セブ最古の教会で壮大なスペイン建築を誇る「サントニーニョ教会」と、あの世界一周で有名なマゼランが上陸した記念に建てられている像「マゼランクロス」に訪れましょう。この2つは併設しています。厳格なカトリック信者が多いセブ島なので教会には多くの地元の人々が実際に参拝に来ており、フィリピンの人々の生活が垣間見れますよ。
もう一つの有名歴史スポット「サンペドロ要塞」へ訪れる前に、より一層フィリピン人の生活に近い2つの市場によりましょう。

カオス感満載の2つのマーケット


東南アジアの途上国フィリピンならではのディープさを味わう場所は、カオスな市場「コロンストリート」と「カルボンマーケット」です!広くはない道幅の路地にズラッとあらゆる種類の店が立ち並んでいます。
衣類・食品などなんでも揃っておりますので、地元の人々が日用品を購入している場です。雑多に途上国のエネルギーを体感できる良い場所です!
安くで何でも揃うし、観光目的も兼ねて、日本人も良く行きますがスリがセブ市内でももっとも多発しているエリアなので細心の注意を払いましょう。

サントニーニョ教会からコロンストリートまでは徒歩10分ほどです。

サンペドロ要塞

f:id:fuuujikko:20170628225929p:plain
コロンストリートから徒歩10分ほどで着く最大の歴史スポットがサンペドロ要塞です。
スペイン植民地時代の名残り、そこからのフィリピンの歩んで来た変遷までも読み解ける博物館にもなっています。歴史に興味がない人でも建造物として見に行く価値ありです。特に夕暮れ時はライトアップもされて幻想的な空間となります。

コスパ最高すぎのマッサージ・SPA

f:id:fuuujikko:20170629201034j:plain
セブ島のコスパの良い体験の代表格がマッサージです!男女問わず是非一度体験していただきたいです。60分1000円以内でしっかりとしたクオリティのマッサージを受けられ、そのコスパの良さにハマること間違いなし。
清潔感溢れる店内では、南国ならではのゆったりした音楽と雰囲気が流れており心落ち着く空間です。体と心をともにリフレッシュさせましょう♪

おすすめのマッサージ・SPA紹介はこちらの記事で。

フィリピンの伝統料理"レチョン"の人気店『Rico`s Lechon』

f:id:fuuujikko:20170702171000p:plain

鉄板料理のシシグーなどフィリピン料理には多くの種類がありますが、絶対に欠かせない食べ物がレチョンです。豚丸々一匹を丸焼きして塩で味付けをしただけのシンプルな食べ物です。イベント事やお祝い事の際にはフィリピン家庭では絶対にレチョンが食べられる、非常にめでたい料理なのです。
背景も魅力的ですが、味も最高です。フィリピン料理は基本的にoily、かつsaltyで口に合わない日本人が多いのですが、レチョンだけは本当に多くの日本人に好まれています。このシンプルさが逆にやみつきになり、ご飯が何杯も進んじゃいます。
レチョンのお店は多くありますが、中でもRico's Lechon(リコーズレチョン)は人気店で、なんとマニラからも食べに来る人がいるほど。 

セブ屈指の洒落たワインバー『Pink House』

f:id:fuuujikko:20170708210306p:plain

Rico's Lechonでたらふくお肉を味わった後はセブが誇るおしゃれなレストランでサクッと飲んじゃいましょう。ワイン専門バーで、ワインと合うケーキなどのスイーツも多く取り揃えられています。
テラス席は木々がピンク色の照明に照らされており、ともに幻想的な世界観が広がっています。この雰囲気で飲むワインは美味しさが膨れ上がります。
ワイン一本数百円というコスパの良さもセブ島の魅力ですね。

2日目:ジンベイザメと泳ぐシュノーケリング体験

2日目はちょっと遠出で奇跡の漁村と言われる「オスロブ」まで行き、セブ島観光の花形「ジンベイザメと泳ぐシュノーケリング」体験をしちゃいましょう♪ まさに一生の思い出となること間違いなしです。本当に文字通りの体験ができて大迫力です。

朝ごはんにフィリピンのソウルフード「ジョリビー」ドライブスルーを

ジンベイザメと泳げるのは午前中のみで、オスロブまでは片道3時間ほどかかるので、朝の出発は相当早いです。セブ市内のホテルを4:30~5:00頃に出るのが目安です。車にさえ乗れば移動中破眠っていてok!
寝るとは言え、3時間も車に乗っている&この後海に入るので、お腹に何かは入れておきたいところ♪ そこで是非体験して欲しいものがフィリピン人のソウルフード「ジョリビー」です。フィリピン国内至る所にあるハンバーガーファーストフード店です。

実はマクドナルドが唯一市場を取りきれない国がフィリピンなのです。理由はもちろん絶大な人気を誇るジョリビーの存在。マクドよりも安いし、クオリティも良く多くの人から愛されています。基本的に24時間営業でドライブスルー対応しています。

フィリピンとは思えないほどの段取りの良さがジョリビー厨房にはあるので安心です。笑

奇跡の漁村「オスロブ」到着!

セブ郊外に位置するオスロブは世界で初めてジンベイザメの養殖に成功させた奇跡の漁村と言われています。
オスロブに着いたら、ジンベイザメアクティビティの手続きをして番号が呼ばれるのを待ちましょう。オスロブは緑豊かな山々を背景に、光り輝くコバルトブルーの海が水平線まで広がっており、普通にビートとしても美しいので待ち時間も退屈はしないでしょう。

ジンベイザメアクティビティまでの行き方、参加方法や楽しみ方の詳細はこちらの記事で

ジンベイザメとシュノーケリング体験!

f:id:fuuujikko:20170708175922p:plain

ついにお待ちかねのジンベイザメです。ジンベイザメもあなたを待っていてくれたはずです!ジンベイザメと泳げる時間は30分です。一見短いと感じられる方もいますが、ずっと水中にいること、及びに本当に大きなジンベイザメが何匹も想像以上に近くを通っていくので感動と驚きの連続です。

岸から小型のハンガーボートに乗り5分ほど進むと、もうそこはジンベイザメの拠点となっており、見渡せばたくさんのジンベイザメがいます。ジンベイザメに当たっちゃいそうになるくらいの距離で並列に一緒に泳ぐという夢の体験をしちゃいましょう

もちろん柵などありませんよ!オスロブのジンベイザメはとても穏やかな性格をしているので安心です。最初は若干の怖さを感じますが、次第に愛らしさを感じていくでしょう^^

セブ最大の滝壺「カワサン滝」 or 精悍な無人島「スミロン島」

f:id:fuuujikko:20170710182313j:plain
オスロブ周辺にはいくつかの人気観光地がありますので、せっかくなら合わせて訪れることをおすすめします。オスロブはランチを食べられるレストランもたくさんあります。但し、セブ市内と比較してめっちゃ美味しいというものもないので、、そんなに期待せずにここはお腹を満たし、セブシティ郊外のローカル感を知るくらいの感覚で。

スミロン島は抜群の透明度を誇る海を持つ無人島で、浅瀬なので子連れにも人気なシュノーケリングスポットです。島内の木々溢れる緑と砂浜の真っ白さのコントラストはまさに絶景。スミロン島はオスロブから見えており、船も出ています。なんとオスロブから20分ほどで着くという近さ。

セブ最大級の滝壺を持つ、これまた迫力満点のカワサン滝はオスロブとセブ市内の間にあるので立ち寄りに便利です。イカダに乗って滝壺まで近づいていくことができたり、崖からダイブすることができたりとハシャギ盛りな若者をも大満足させるアクティビティスポットです。

夜景スポット「TOPS」

f:id:fuuujikko:20170708181454j:plain
帰りも3時間ほどかけてセブ市内に到着します。
日も暮れている頃だと思いますが、本日はセブ島が誇る超おしゃれコースなnightを過ごしましょう♪
まずはセブ市内から30分ほどで行けるセブ屈指の夜景スポット「TOPS(トップス)」へそのまま行きましょう♪ トップスは山頂にありセブ市内及びにマクタン島を一望できる絶景スポットです。山頂なのにTOPS自体もシャレた造形がたくさん含まれています。

セブ島人気の高級フレンチ店『ANZANI』

f:id:fuuujikko:20170222010900j:plain
TOPSからセブ市内に帰る道中にある人気高級フレンチ店「ANZANI」です。
高級店とは言え、食べて飲んでも1人3000円もいかないのが、セブ島観光のコスパの良さ♪
料理のクオリティは本物です。高級店ならではのサービスも◎
店内は洗練された上品な雰囲気が漂い欧米人客が多いです。テラス席は大木が良い感じの照明の役割を果たしており、非常に趣ある空間です。
f:id:fuuujikko:20170222010726j:plain

セブ最高級ホテルマルコポーロの最上階『Blue Bar』

f:id:fuuujikko:20170702003518p:plain

TOPSからセブ市内に帰る道中の山中にある一際目立つ煌びやかな建物が、セブ最高級ホテル3強の一つ「マルコポーロ」です。先ほどのANZANIから徒歩5分ほどで連続でいくのにも適した立地です。このマルコポーロの最上階にあるバー「BLue Bar」は標高の高さもすごいので夜景も素晴らしいです。雰囲気抜群で日本のバーも顔負けのセブ市内トップクラスの本格的Barです。お酒一杯700円くらいするのでセブでは超高いです。

付き合うか付き合わないかくらいのカップルがこのコース行けばゴール間違いなし。何より他の汚いセブシティの街との対比もこのロマンチックさを上げてくれます。笑

ここで参考までに、セブ島のおすすめホテルまとめ記事も紹介しておきます。

3日目:ボホール島周遊観光

7000個以上の離島で構成されるフィリピンですが、その中でももっとも豊富に観光コンテンツを含み、不動の人気アイランドとして君臨としているのがボホール島です。セブシティから船で1時間強で行けるというアクセスの良好さも◎ですね。3日目は朝からボホール島で様々な面白いコンテンツを堪能しましょう♪

セブシティからボホール島まで船でGO!向けて

8:00頃出発の便でボホール島へ向かいたいところです。
ボホール島行きの港はセブシティにあり、1日目で訪れた歴史スポットや市場の近くにあります。特にサンペドロ要塞からは徒歩5分ほどで良い目印です。

ボホール島への詳しい行き方・楽しみ方の紹介記事はこちら

魅力的な観光資源溢れるボホール島周遊観光(午前)

f:id:fuuujikko:20170628224856p:plain

ボホール島ではドライバー付きのバンを一日中貸し切って島を巡るのが一般的です。
観光資源のバラエティ豊かさを本当にすごいです。まずボホール島の2大有名スポット
「1.チョコレートヒルズ」と「2.世界最小ターシャ保護区」を訪れましょう。各スポットは車で10分ほどでいけます。

チョコレートヒルズは360°を1000個以上の丘に囲まれた唯一無二な絶景スポットで、名前の由来は5~10月の乾季の時期に全ての木々が枯れ真っ茶色になり、それがチョコレートのように見えることからきております世界最小ターシャは手乗りサイズよりも小さいです。笑 可愛い!と叫ばずにはいられないけど、ターシャが驚いちゃうから叫ぶの厳禁です。

ジャングルを川下りしながらの船上ブッフェランチ

f:id:fuuujikko:20170628225220p:plain

午前中に絶景スポットと珍らしい小動物の見学を楽しんだ後は、腹ごしら♪
ボホール島観光はランチも普通じゃ勿体無い!
「3.ロボックリバークルーズランチ」はジャングルのような茂みに覆われた自然豊かな川路をくだっていきながら、船上でフィリピン風ブッフェを堪能するアクティビティです。

大型ジップラインやホワイトビーチ!ボホール島周遊観光(午後)

f:id:fuuujikko:20170628224803p:plain

「4.Loboc Man-Made Forest」は移動中のただの道なのですが、マイナスイオン溢れる本当に空気の澄んだ場所です。路肩に車を停める場所もあるので写真撮影をしている集団も多いです。真下を向いて崖から崖まで鳥のように飛んでいく「5.ジップライン」は本当にスリル満点。「6.アロナビーチ」は真っ白な砂浜が有名で本当にキレイなので立ち寄っても良いですね。

アヤラモールでショッピング

f:id:fuuujikko:20170628003242j:plain

セブに戻った後はセブシティ最大のショッピングモール「アヤラテラス」を満喫しましょう!円状の構造になっており緑豊かな大きなテラス有しており、地元の人々の憩いの場ともなっております。モール内は高級ブティックが立ち並ぶ一方で、スーパーなどもありなんでも購入できます。
便利なバラマキ土産も面白い系でもなんでも揃うので、アヤラモールでお土産を選ぶのがおすすめです。

セブ島おすすめショッピングモールまとめ記事はこちら

Blue Elephant

f:id:fuuujikko:20170702170200p:plain

セブ市内の中心「アヤラモール」の隣のビルApple One Buildingの17階にある『Blue Elephant』は、レストランの上品さ・南国感溢れるメニュー・味・価格どれをとっても全て良しです。看板メニューはココナッツカレーで、なんと本物のココナッツが器として提供され、南国感満載で超フォトジェニックです。夜景もとても綺麗に見えるレストランんで、店内も上品で洗練されているのに、ローカル価格!たくさん食べて飲んでも1人1000円ほど!
絶対に行ってほしい超コスパの良いレストランです。
またセブではフルーツ系スムージーも濃厚かつフレッシュで美味しいので、どこかで飲むことをおすすめしますが、スムージーもBlue Elephantは良いです。

ゆるふわ系かき氷『Snow Shack』

f:id:fuuujikko:20170222012240j:plain

2軒目にサクッとスイーツを食べにいきましょう。『Snow Shack』はアヤラモールとITパークの間にあるレストランが立ち並ぶクロスロードという区域にあり、BlueElephantからも歩いていけます。
年中暑いセブ島ならではの人気スイーツですが、フルーツたっぷりかき氷です。
真っ白なゆるふわ系氷の上に様々な種類のフルーツが乗っています。一個500円ほどです。食べ進んでいくと、また氷の中からフルールの階層が出てきて、ふんだんにトッピングがされておりお得です。付属の蜂蜜で味を変えていくのも美味です♪
マンゴー・ストロベリー・きな粉味がおすすめです。

4日目:アイランドホッピング

セブ島の定番アクティビティといえば、複数の離島をハンガーボートで巡っていく「アイランドホッピング」です。セブ島が誇る透明度抜群のエメラルドグリーンな海と各島の自然をとことんまで味わえるアクティビティです。

マクタン島の港からハンガーボートで出発

どの島でも基本的にマクタン島の港から出発します。
アイランドホッピングでは、風を真っ正面から受けられる開放的なタイプの船ハンガーボートで行われます。
人気の島までの移動距離としましては、ヒルトゥガン島まで30分、ナルスアン島まで60分弱、パンダノン島まで60分強となります。

長〜い桟橋がランドマークの「ナルスアン島」

f:id:fuuujikko:20170708180254p:plain
ナルスアン島+ヒルトゥガン島を巡るコースがおすすめです。
まず非常に人気の高いナルスアン島はセブ周辺の中でも特に透明度が高く、非常に海がきれいです。また非常に遠浅でどこまでも続くように見える海と空の水平線に向かって実際にどこまでも歩いて行けます。無の境地になって海中散歩をしてみましょう。
 
島の入り口にはランドマークとなっている長い一本の桟橋があり、コバルトブルーの海の中に一本の長い桟橋がまっすぐ伸びている様はフォトジェニックです。

至極のシュノーケリングスポット!透明度抜群の「ヒルトゥガン島」

セブ周辺の海の中でも特に高い透明度を誇るヒルトゥガン島は、カラフルな熱帯魚の種類と数も多く、シュノーケリングに最適にスポットです。真っ白なビーチとエメラルドグリーンの海のコントラストは忘れることのできないフィリピンならではの光景となるでしょう。

セブ島のメイン空港「セブ・マクタン空港」は名前の通りマクタン島のど真ん中にあるため、マクタン島の港から空港までは車で20分ほどです!空港でもお土産を揃えることはできますが、できれば前日のアヤラモールなどで選んでいる方が種類も多く安心です。
セブ島で買いたいおすすめお土産まとめはこちらから


セブ島旅行3泊4日の理想のモデルコースを紹介しました。
これらのコンテンツを抑えておけばセブ観光で後悔することはないでしょう!
他に気になることなどあれば、コメント欄で何でもどうぞ♪

【厳選】セブ島のおすすめカフェ!日本レベルのかわいい系カフェ紹介!

今週のお題「私の『夏うた』」

f:id:fuuujikko:20170708205339p:plain


セブ島には実は日本顔負けの可愛いカフェがいくつかあります。勉強や考え事もじっくりできるような洗練された空間のカフェもしっかりあります。 

但し、そんなに繊細ではないセブ人達なので、可愛い系/落ち着く系カフェは多くはないです。美味しいスイーツをまったり味わえる雰囲気の良いカフェを厳選してまとめています。
留学生など中期滞在者にはリフレッシュのためより役立つと思います♪

Cow Cafe

f:id:fuuujikko:20170708204847p:plain
移り変わりが激しいセブ島カフェ/レストランですが、Cow Cafeは結構長く人気カフェとして君臨しております。日本のカフェランチなような感じで、パスタやロコモコなど何でもあります。(※オムライスも人気メニューだったのですが2016年に一旦休止になりました。)
f:id:fuuujikko:20170708205358p:plain店内の雰囲気も可愛いくて落ち着きますよ♪ 日本のカフェにもっとも近いかもしれませんね。でもFoodもDrinkも価格は日本の1/3くらいでコスパ◎ 

Fujinoya

f:id:fuuujikko:20170709130049p:plain
名前の通り日本人オーナーが経営しております。ケーキが基本的にパサパサしていて美味しくないセブ島の中で、超重宝される本格的なケーキを提供してくれるカフェです。
注文をしたらWiFiパスワードが渡される式で、セブ島内でも屈指のWiFiの強さです。窓側の席にはコンセントもあります。
店内は広く席数も多いですが、一つ一つの座席の空間も広く勉強している人もちらほら見かけます。(基本的にクーラーとても強いので長居の場合上着持っていきましょう。)

f:id:fuuujikko:20170708205240p:plain
ケーキのクオリティは普通に日本のケーキ屋さんレベルで、フルーツ系、チョコ系やティラミス系などと種類の豊富さも魅力的です。
また各種フルーツ系スムージーもバラエティ豊かに揃っています。
セブ内では価格はかなり高い方で日本ケーキの8割くらいの価格します。

Tazza Cafe

f:id:fuuujikko:20170708210856p:plain
Fujinoyaの真向かいにある可愛らしいカフェです。両店とも、JYスクエアという交通の起点となっている有名な中型モールから徒歩1分の位置にありアクセスも良好です。
Tazza CafeはFujinoyaと違い小じんまりとしたカフェですが、細部にまで可愛らしさが及んでおりとても人気です。
全照明がコーヒーカップという粋な計らい。

f:id:fuuujikko:20170708210914p:plain

ケーキ類のスイーツも普通に美味しいですが、価格はFujinoyaより格段に安いです。可愛らしいラテアートをしてくれるセブ島では非常に珍しい可愛い系癒しカフェ。

Mikky Cafe 

Fujinoyaと並ぶ本格的なケーキが食べられるお店がミッキーカフェです。
日本人が一応オーナーらしいですが、店を回しているのはフィリピン人で割と適当です。遠目に見たらミッキーの輪郭に見えるカエルの顔があちらこちらにあります。あと明らかにミッキーじゃないよね、というミッキーもどきの人形もたくさんあります。適当さが面白いです。笑

ケーキのクオリティは本物で、日本のケーキの味にもっとも近いでしょう。価格はFujinoya同等で日本の8割くらい。種類は王道系ケーキの数種類に絞られています。日本人の中で知名度が高い人気カフェです。
WiFIがあるという情報を聞いていましたが2017年地点ではなくなっていました。
ミッキーズカフェに行った翌日iPhoneを盗まれたため、写真はありません...涙

GentlemanCafe

f:id:fuuujikko:20170708205339p:plain
まったり系カフェの醍醐味。フラットな座席で寝転ぶことができるカフェです。
実はセブ島内の韓国資本のカフェではこの寝転ぶ系カフェが多いです。
中でもGentleman Cafeは清潔感に溢れ、もっとも落ち着く日本人にもおすすめのカフェです。まったりの極み。

複数店舗ありますが写真はSMモール内のカフェ。アヤラテラスと異なりカフェが非常に少ないSMモール内の貴重な癒しカフェ。大きめの濃厚フルーツスムージーが350円ほどとお得。食べ物の種類も多くラーメンなどもあります。

※セブ島では他の物価の安さと比較して、スイーツやカフェ飲み物はそこまで安くないです。日本の6割くらいかな。

Coffee Prince

f:id:fuuujikko:20170708210834p:plain

もう一つの寝転ぶ系まったりカフェのおすすめ店です。Cebu Hospitalityの周辺の色々お店がある一帯にあります。
一座敷ごとの面積はCoffeePrinceの方が大きいですね。このチョコパイみたいなのが美味しいです。ぎっしり詰まったチョコラテでだいぶ長居できます。僕もよく数時間いて勉強していました。1階と2階があります。
お客さんはほとんどフィリピン人が多いです。

7degree

ザ・勉強系のカフェです。大体皆Mac開いています。
店自体も大きく、席数も多いです。
スタバのよりスマートに洗練された感じの雰囲気。

WiFIは強い日もあれば、繋がらない日もある。
めっちゃ行ってたのに、、、写真がなかった。。

SUNDAY 2PM

f:id:fuuujikko:20170708211109p:plain
サロッサホテルとほぼ併設してある韓国資本のカフェです。
韓国系ならではの煌びやかなカフェですが、まったりしており落ち着きます。
狭い店内で席も20くらいしかないですが、基本的にお客さんいない。お客さんは圧倒的韓国人が多いです。

WiFI強く、コーヒーも一杯200円程度で、コスパ良く頻繁に勉強していました♪
店員はいつもレジの奥で映画見ているので、こちらも長居しても逆に気使わない。笑
壁に貼られた紙にはそれぞれお客さんからの店への感謝メッセージが書かれています。韓国語と英語半々くらい。

Sol Cafe

Sunday PMから徒歩1分の位置にあるSol Cafeも韓国資本のカフェです。
コーヒー300円くらいでやや高いが、非常に洗練された雰囲気で人気のカフェです。天井の高さも4mくらいありかなり広々とした空間です。
ソファ席やカウンター席など色々ある。コンセントもありWiFiも強い。お客さんが増えすぎるとたまにWiFI切れるのが玉に瑕。f:id:fuuujikko:20170709134550p:plain
ここのバナナスムージー(350円)は美味しい。食べ物メニューも割とあります。
この隣のコンドミニアムに住んでいたから30回は行っているのにしゃsん

Abaca Bakery

f:id:fuuujikko:20170708205421p:plain
Abaca系列カフェはセブ島で知らない人がいないほどの有名カフェチェーン店です。スタバやボスコーヒー系のチェーン店とは異なり、元々の本家はレストランであることも起因してパン屋さんのようなカフェです。

f:id:fuuujikko:20170708205210p:plainランチでもモーニングでもクオリティの高さは間違いありません。
写真は大人気のパンケーキ。

f:id:fuuujikko:20170708205414p:plain

こちらは超フレッシュサラダで、日本のそこらのカフェよりは飲み物も食べ物も美味しいです。雰囲気も可愛い。アヤラモールとITパークの間にあるクロスロードというレストランが立ち並ぶ区域の一角にあります。
超人気カフェなので勉強と言った雰囲気ではないです。

Amidala Cafe

ほんまの甘い物好きな人には非常におすすめです。
超絶濃厚なチョコレートパフェのような物です。
中身もギッシリ詰まっていて、トッピングも躊躇なく乗っかっており、ボリュームすごいです。甘い人好きには本当に至極の一品です。

f:id:fuuujikko:20170708204818p:plain
僕も大好きです。虜になります。一つ700円ほどでセブにしては値は張りますが、日本でもなかなかお目にかかれないほどの濃厚スイーツ。
一応スターウォーズをイメージした店らしく、店内はスターウォーズのグッズばかりで、これらのパフェ商品名も全てスターウォーズ関連の何かになっています。

Yolk Cafe

エッグベネディクトが美味しい可愛らしい御伽話に出てきそうなカフェです。マボロにありSol Cafeの徒歩2分ほどの位置にあります。
こちらで美味しくエッグベネディクトをいただいた直後にiPhoneを盗まれてしまったので、写真はありません。笑

Sweet Little Things

f:id:fuuujikko:20170709151005j:plain
プチカップケーキが有名な小じんまりとしたカフェです。アヤラモールが徒歩3分ほど位置にあり、店自体はわかりにくいですが台湾火鍋の店の前にあります。

席数も10くらいしかなくサービスも特に良くはないが味は美味しい。
本格的なカップケーキです。

Pink House

f:id:fuuujikko:20170708210149p:plain
最後に番外編ですが、おしゃれ店ということでカフェというよりは夜がメインのワインバー。洗練された空間のおしゃれさセブ島No.1だと思っている。
PinkHouseはITパークからJYスクエアまで進み左折して300mほど直進に進めば左手に見えてきます。
ワインに合いそうなパンやスイーツも置いています。

f:id:fuuujikko:20170708210220p:plain

ピンク色の照明に一つの森が照らされたようなテラス席はまさに幻想的です。
PinkHouseのテラス席には感動を覚えました。Barならではの洗練された上品さを残しつつ、適度な自然を織り込むことによって居心地の良さも感じられます。

f:id:fuuujikko:20170708210306p:plain


セブ島のおすすめカフェを挙げました。
街中など決して綺麗くはないセブシティですが、ここに挙げたカフェのようにまったり過ごせるおすすめ癒しカフェもあります。
考え事をしたいときなどに是非お使いください。

セブ島おすすめグルメ記事はこちらを参照ください!